読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

10.永遠の業火

ブログをツイッターで紹介したら

みんなから読んだよ、

とか、自分も似たような体験あるよ、

とか様々な意見をもらった。

 

昨日は久しぶりの二丁目で

某人達に「ブログの人だ!」なんて言われて、

読んでもらった嬉しさと、恥ずかしさを

感じているところです。

 

男に産まれたのに、男に恋してしまうって

罪な事なんだよなー。

社会がまだまだそんな事を許さないし、

相手の心にもそれを受け入れられるような

部分がないんだもん。生物的に。

受け入れてくれる人が居たとしても、

優しさとか、情ってものでしかないはず。

 

でも普通の生活をしてれば、

仲良くなる人は男が多いし、

ノンケにしてみれば友達や親友になっても

女の話しない奴だな、とか、心開いてくれない奴だな、とか、そんな評価を下されりする。

 

さらに恋なんてしてしまったらもう大変。

 自分のように影でこそこそ想いをはせるか、

直接伝えてブッ壊れるか。

 

ゲイなら誰にも可能性あるんだよね。

自分みたいに、直接仕事で深い関わりを

もつ相手が恋愛対象として最高峰だったり

するって事。

 

恋してしまった今となっては出会わなきゃ

良かった、とは思わないし思いたくないけど、

もっと遠い存在だったら、こんなに

心が動かなかっただろうな、とは思う。

 

M君と、今月何回会えるんだろう。

彼がシフトを入れなければ、単純に会えない。

今月から彼は就活に入るので、かなり

会える日が少なくなる。

 

友達になりたい。

休みの日に誘い合って、ゴハンしたり

出来る存在になって欲しい。

今の関係ではそれは叶わない夢だ。

年齢も離れてるし、

現実的には不可能かもしれない。

 

そろそろ自分の気持ちを整理して、

接し方を変えていかなきゃ、と思う。

 

今日もM君は何食わぬ顔で自分の

横に座ってきた。

 

無間地獄を終わらせなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

09.お酒の席は怖い②

M君とO君と、3人で飲んでる店の中に

見た事のある顔が。

 

以前に会社を退職した元同僚の

男性Uさんだった。

ちょっと夜の仕事をしてそうな雰囲気の

女性と2人で飲みに来ていたようだ。

Uさんは既婚者。

 

O君が「あれは絶対浮気っすよ!!」

M君も「女、絶対キャバか風俗っすよ」と

2人が感じるくらい、そういう雰囲気を醸し出していた。

 

Uさんは45歳くらいで、既婚者だが、

職場に居た頃から、ゲイ的に言うところの

「色が強い」人だった。

なので平日の朝からケバい女とお酒を飲んでるというシチュエーション自体、まあ99パーセント、浮気なんだろうな、と思った。

 

O君が、こっそり写真撮りましょう!と

言い出した。彼の作戦は、トイレに行くフリをして、カメラを動画モードにして、自然に撮影して戻ってくる、というもの。

 

M君はこのUさんの事は知らないんだけど、

ノリで僕もやります、って感じになり、

3人で証拠写真を押さえて、O君のフェイスブックに掲載してしまおう、という流れになった。

 

自分の目的は別にあった。

Uさんを撮影する、と言う名目でカメラを

起動してM君を撮りたかった。 

 

M君の写真がどうしても欲しいけど、

ツイッターも何もやってないM君の写真なんて

手に入る訳がない。

 

かといって普通にカメラ起動して盗撮してるのがばれたら一巻の終わり。

堂々とカメラ起動する理由が出来て、たまたまM君が映り込んでしまう、これこそ千載一遇のチャンスって訳だ。

 

ていうような計画を考えていたのに、結局、

酔っぱらいのO君、

普通にUさんのテーブルに押し掛けて、

何やら会話をしはじめた。

 

とんでもない奴だ。

絶対誰にも知られたくない

デートのはずなのに。

自分も酔っぱらうと酷いけど、

O君もなかなかやばい。

 

M君が3時から友達とバスケの約束がある、

って事だったから2時にお店を出る事に。

 

今回、O君の送別ってのとM君が最近金欠って

ボヤいてたから全部払ってあげるつもり

だったのに、M君、それは申し訳ない、って

お金を、出してきた。

いいよ、って言っても出してくる。

引かないので半分だけ受け取って、返してあげた。こういうところ本当好き。

 

お店を出て、

行く先はハッテン映画館。

2人で嫌がり続けた事で、O君もようやく

諦めたんだけど、

入り口を観に行きましょう!ってしつこいので、3人で入り口まで向かった。

 

確かにお店の前に本日1000円!

のノボリが立っている。

入り口の壁にはピンク映画のポスターが

貼ってある。

M君、ポスターには興味あるみたいで、

じーっと見てた。

3本立ての作品の内、若妻巨乳みたいなのに興奮してるみたいだった。

 

O君が、映画館に入るおっさんにどんな感じなんすかね?って声を掛け出した。

絡み酒って本当怖いわ。

O君の状態がやばいので解散する事にした。

 

いろいろあったけど、M君と5時間近く

お酒を飲めて嬉しかった。

かなり酔ってたみたいだけど、脱いだりとかはしてなかったな。

O君が、酔っぱらったら○◯(自分)さん家行きましょー!

なんて、最初に言ってきたから、

ワンチャンそのパターンあるかな、とも

思ってたけど。

場所も池袋西口だったし。

でもM君の反応は薄かったし、そんな事は

今後もありえないだろうな。

先週、M君彼女と、

ウチのすぐ近くのBARで朝まで

飲んでたみたい。

ばったり会ったらどうすんのさ、ホントに。

 

M君とLINEしたりゴハンしたり飲み行ったり

出来るようになって、

また少し欲求が出てきた。

次は休みの日の夜に会ってゴハンしたり

してみたい。

こういう欲求の積み重ねの先に、

崩壊があるんだろうなあ。

 

君の幸せな人生に自分が入り込む余地はないんだよな。

君の夢は子供を育てる事だもんね。

これから、就職して、恋をして、結婚して

可愛い子供を作って、

幸せな家庭を築いて欲しい。

自分が出る幕は無さそうだ。

 

この迷宮からいつ抜け出せるんだろう。

M君がアルバイトを辞めたら、

自然と忘れられるんだろうか?

 

それとも自分がゲイの人に恋をすれば良いのか

 

M君を超えるような存在に出会うまで

終わらないって事かな

 

08.お酒の席は怖い①

今月、大学生アルバイトO君の送別会がある。

それに先立って、夜勤仕事終わりで

数名でプレ送別会をしよう、という話に

なっていた。

 

メンバーは自分、O君とM君。

3人で朝から酒を飲もうって話だ。

 

O君は、数年、夜勤アルバイトをやってる

大学生で、M君が入ってくるまでは

自分が1番仲良く話をしていた子だ。

しかしM君が入ってからは、O君がいても

自分とM君が隣同士に席を取るように

なっていた。

O君は典型的なノンケキャラ。

会社に女性が入ると、やりたい、やりたくない、とかすぐ言い出すタイプ。

 

それで実際に関係を持ったり、風俗だのピンサロだの、ウルサイやつ。

ゲイの自分にとってはなかなか会話に

苦慮する時も多かったけど、

O君は話やすく、なかなか楽しいやつなので

割と仲良く話をしていた。

何故かゲイネタも良く話していたぐらいだ。

 

O君とM君は基本的に絡みがない。

M君がシフトインしてる時は自分がM君を独り占めしてるし、自分の居ない時にM君はシフトに入らないからO君とM君が仲良くなるきっかけがなかった。

 

そんなO君と、ごはんや飲みに行くのは初めて。そもそもこんなに長く一緒に働いてるO君より先にM君と蕎麦食いに行ってる時点で、

勘の良い人にはばれそう。

 

ともかく、朝から3人で飲みに行くことになった。M君はこの飲み会の為にシフト調整までしてくれて、飲む気マンマンだった。

O君も朝から酒を飲むってのでテンションが上がり切っていた。

自分も、もちろんO君とお酒を飲みたかったのもあるし、M君とお酒を飲むなんて最高に幸せなイベントだし、楽しみでしょうがなかった。

 

朝9時30にお店に入って、店を出たのは

昼の2時ぐらいだった。

10杯くらい飲んだかな、かなり酒は回ったけど、終始冷静だった。

横にM君が座ってて、ずっと萌えてた。

O君に女のネタでいじられまくる

M君が可愛くて可愛くて、ずっとニヤニヤしてたかもしれない。

 

しかし最後の方でちょっと困った展開が発生。

O君が、飲み終わりでハッテン映画館に3人で行こう、と言い出した。

池袋にハッテン映画館があって、昔ながらのピンク映画が流れてる場所なんだけど、

そこにはゲイが集まってて、入ってきたノンケを襲ったり、金銭交渉の末にヌイたりする場所らしい。

 

自分がよくO君にそういう場所があるらしい、という話をしていたせいか、彼が酔っぱらってるせいか、突然こんな訳のわからない事を言い出したのだ。

 

何しに行くんだよ、と突っ込んだら、

「社会見学ですよ!」と言う始末。

そういう場所は社会とは無縁の場所だから

見学で行くような場所ではない。

 

挙句の果てに

M君を連れて行って、M君が男に襲われるのを

2人で観ましょうよ、と、言い出した。

「お前は俺か!」とツッコミたくなるような

欲求だ。

そんな事を自分が言ったら完全にアウトだけど、O君のキャラなら有り得る雰囲気。

羨ましいキャラだ。

 

M君は「男はやばいっす!襲われたら抵抗出来ないですから!」と、当然ながら嫌がる。

嫌がるほどにO君のテンションがあがり、

襲われたら助けてやるから、中を覗きに行こうよ!と、諦めないO君。

 

自分の中の天使と悪魔が戦うって比喩表現があるけど、自分の場合、天使も悪魔もM君のそういう姿は見てみたいので考えても意味がない。


直感的な判断で動くしかない。

立場上この話に乗っかる訳にはいかないので、

「そんな気持ち悪いところ行きたくねーわ!」

と、M君側についた。

そもそもM君が他の男にやられるの何て

嫌だし。

見たいけど、嫌だ。

 

O君、今までの飲みエピソードを聞く限り、

毎回飲む度に、何かをやらかしてる奴なので、

今回も何かひとつネタが欲しかったみたい。

 

なかなか折れないO君。

 

M君がネットで映画館を調べて

「こんなので入るだけでも1800円もかかるみたいですよ!絶対嫌ですよ!」と言う。

 

するとO君もネットで調べて反論する。

「今日映画の日だから1000円だよ!」

 

あんな場所にまで適用されるんか。

毎月1日は映画1000円の日。

07.笑

M君とLINE繋がったことが原因なのか、

抱えてた想いをブログに吐き出した事が原因か、気持ちが楽になってきた。

 

先週までは休日の精神状態やばかった。

絶対会えない、連絡もとれないM君のことを

朝から晩まで考えて、他の思考が出てこない。

 

そんな状態で、量子力学の事や、パラレルワールドの事ばかり調べる毎日、挙げ句の果てにあの世の存在まで信じはじめてたからね。

来世や多次元世界なら一緒になれるかな、とか、本気で考えてた。

 

やっぱりM君に、会社で話してたような事をLINEで送ってしまった。

 

ラグはあるもののきちんと、返信してくれる。

昨日1日で7ターンくらいやり取りした。

M君はwを使わない。笑って書く。

それを見るたび、彼の笑顔が頭に浮かんで

やばかった。

彼女ともあまりやり取りしない子なのに、

何か凄い申し訳ないけど、幸せだった。

こんな歳の離れたおっさんに休みの日にまで優しくLINE返してくれて、ますます惚れちゃうよ。

ツイッターにも書いたけど最近はLINEといえば、牛丼チェーン三社、松屋すき家吉野家の公式LINEが飛んでくるくらいだったから。

 

今日はM君は会社お休みだった。

M君が紹介してバイトに入ったH君の

研修をする事になった。

 

間違ってもM君の事ばかり質問しないように、

と思いながらもやっぱり色々聴いてしまう。

M君はH君に、職場は優しい人ばかりだよ、と

紹介してたらしい。

 

M君からH君の話も聴いていた。

大学の学科で知り合って、寮に住んでるから

しょっちゅう泊まりに行ってる、とか

会うとモンストを一緒にプレイしてる、とか。

 

あと「だるがらみ」を受け入れてくれる、らしい。良くわからないからM君に、だるがらみって何なの?と聴いたら、いきなり頭突きしたりする事らしい。

自分もM君にだるがらみされたい、と思った。

人に頭突きされたいなんて、初めて思った。

 

H君はちょっとオタク風な男の子。

M君と同い年なんだけど、大人な雰囲気。

彼がM君と仲良しって何か不思議。

自分はH君が凄く羨ましい。

しょっちゅう家に泊まりに来てくれるらしいし、当たり前だけど飯も良く行くんだって。

 

今日は自分の得意なサブカルトーク

とりあえず話をしようとしたら、

あ、それM君から聴きました、って言われた。

M君が自分から聞いた話を友達にしてるんだなーと、とても嬉しい気持ちになった。

 

いよいよM君とお酒を飲む日が近づいてきた。

彼は酔っ払うと、服を脱いだり、路上に寝たりしちゃうらしい。

彼、今のところ酔っ払う気マンマンなんです。

いろいろ想像すると、家で介抱するなんて

パターンもゼロではないかもしれない。

 

自分のおかしな欲求が出なければ良い。

せっかくスローペースながらも築いてきた

関係が壊れるような事が、

おこりませんように。

 

06.君への愛の唄

M君には30歳くらいの兄貴が居るらしい。

 

自分とM君がアニメやゲームの話が合うのは、この兄貴のおかげだと思う。

本来、M君の世代の漫画とかゲームは自分はあまり分からない。

兄貴の影響で、割と近い世代の話が出来るから本当に兄貴サンには感謝したい。

 

この兄貴、M君いわく、

弟の自分より遥かにイケメンらしく、

兄貴がM君くらいの年齢の時にはアルバイト等は一切してなくて、女のヒモで生活出来ていたらしい。

 

M君は自分の価値を分かってない。

君も同じレベルの遺伝子を持っているんだよ。

 

とにかく、このイケメン一族の末っ子に

出逢った事で自分のこれまで守ってきた

ノンケディフェンスが一気に破壊されてしまった訳です。

 

でも外見だけなら他の部署にも可愛い男子は何人か居るんだけど、

やっぱりM君の人懐っこい雰囲気と自分に対する態度が惚れさせてくれたんだよなー。

 

仕事も、自分がいる日に全部合わせて

シフトを出してくるし、自分が居ない日は、シフトを変更して自分に合わせてくれる。

そうしてくれ、と頼んだ訳じゃないけど、

自分が優しくし続けてるせいで、自然と

こうなってしまった。

 

でも仕事はしっかり出来る子で、周りの

評価も高い。

可愛い後輩、って言葉がこんなにしっくり来る事があるだろうか。 

 

付き合ったりは出来なくても、彼かバイトをするにあたって、幸せだなーと感じれる環境を作ってあげたい。

別に自分に恋心を持ってくれ、なんて思わない。

アガペーですね。アガペー

 

最近すごく聴いてる曲がある。

 

槇原敬之の「君への愛の唄」って曲。

歌詞の一節が心に染みる。

 

ー愛の本当の意味なんてまだ
ぼくには分からないけど
いつかぼくが愛していると言う
その相手は君でいてほしい
幸せにすると言ってはみても
方法もまだ分からないけど


ひとつだけ分かってることがある
ぼくの1番の願いは君の幸せー

 

さすがゲイの気持ちの分かるアーティスト。

ノンケに対する恋心を当てはめられるわ。

 

どうすれば良いかわからないけど、

M君の幸せが自分の幸せ、

これは間違いないね。

05.LINEの価値

M君とLINEを交換したけど、

「おはよ」なんて送れるはずもない。

 

そもそも、会社の連絡グループを作るっていう

話を何回かしておいて、地盤作りをした上でのLINE交換だった訳で、個人間でちょろちょろやり取り出来る訳もない。

 

更に、M君は彼女とも日常的なLINEやり取りをしないようなSNS無精な人、自分とLINEの送り合いなんてまあ、よっぽど何か無ければ行われないだろうと思う。

 

M君、夏頃には色々忙しくバイトを数ヶ月休む期間があって、自分はどうしてもそれまでに何かしら、会社以外での繋がりを持ちたかった。

 

問答無用でずっと会えなくなるのは辛いし、

もし急に退職なんてしてしまったら、一巻の終わり、もう一生会えなくなる訳だから。

 

中身はなくても、何かで繋がっていたかった。

ツイッターフェイスブックもやってないM君、もはやLINEを聴くしかなかった。

 

幸い昨日の蕎麦屋デート(勝手に思ってる)

きっかけでLINE交換出来た。

更にモンストのフレンド登録もしてくれた。

モンストを見ると、ログイン時間がわかるんだけど、それひとつでも心が救われる。

 

昨日までは会社の外でM君の存在に関わる事が出来なかった訳だから、今の状況は自分にとってかなり理想的な状況なのです。

M君との関係に保険がかかってるような。

 

そんな自分の気持ちとは裏腹に、昨日M君がこんな話をしてきた。

 

「今みたいに携帯なんて無い時代が良いです。

待ち合わせに間に合わなくてもどうしようもない、くらいの感覚が良いです」

って。

 

M君、ほんとにネット上でのやり取りに

疲れてるんだろうな。

どうやら、前の日に彼女と待ち合わせの遅刻LINEで揉めたらしく、色々思うところがあるみたい。

 

良くこんな状態から逆転LINEゲット出来た

もんだ。

M君から来たLINEは最初に登録した時に送ってくれたフリーザ様のスタンプだけ。

それだけで、充分。充分幸せ。

フリーザ様、大好き。

殺して。

 

ここ数ヶ月で1番強く思ったこと。

 

好きな人と一緒にゴハンを食べるって、

こんなに幸せな事なんだな〜〜って。

 

ゲイの世界での活動が長すぎたせいか、

アプリとかネットで人との繋がりの価値を

簡単に感じてしまってたせいか、

こんな大事な、大切な感覚が

とても薄くなってた。麻痺してた。

 

一緒に居たい人と時間や場所を共有して、

美味しいものを一緒に食べる瞬間の価値。

 

蕎麦食ってる間、脳内ドーパミン
出過ぎてたのかな。その時の記憶が薄い。
今思い出しても脳内に幸せな感覚が溢れてくる。
M君は「またゴハン行きましょう!」って
言ってくれた。

こんなゲイのおっさんとまたゴハンしてくれるなんて、なんて優しい若者なんだろう。

 

M君の言うような、携帯もSNSも無い

世界に戻ってしまったとしたら、

きっとこういう時間はもっと大切に感じるん

だろうな。

 

最終的に実らない恋としても、

M君とのやり取りの中で自分も

恋愛的に色々と成長出来ればよいな、と思う。

 

 

04.恋する気持ち何より素敵な宝物

M君の事、最初はゲイなんじゃないかと考えてた。

ゲイ人生が長過ぎて、自分の物差しがおかしくなってたんだろうな。

 

そう思ってしまったきっかけは以下理由。

 

⚫︎イケメンなのに彼女が居ない

⚫︎毎週決まった曜日に朝まで飲む事が決まってるって言ってた(ゲイバー勤務?)

⚫︎池袋近辺住みなのに、飲むのは新宿

⚫︎毎週のように友達の家に泊まってる

⚫︎最近、イエガーの一気をさせられたらしい

 

これだけの理由でゲイなんじゃないかと

考えてしまった。

今となっては色んな話をしたから、ゲイ疑惑は完全に無くなって、1パーセントの疑いもない。

 

ともかく、M君がゲイじゃなくて良かった。

もし彼がゲイだとしたら、自分がこんなに話したり仲良くなったり出来るはずかなかっただろう。

 

まして、DS業界で出逢ってたら、と思うとゾッとする。

多分今の状態がM君と1番仲良くなれる状態なんだと思う。

 

どんな状態が幸せなのかはわからない。

対外的には叶わない恋に突っ走って無駄な時間を過ごしてる、と思われるだろうし、自分もそう感じてるんだけど、

M君と少しづつ距離が近くなってる感覚は

やっぱり恋だし、幸せな気分になるし、

何にも変えがたい気持ちだと思ってる。

 

 

 

昔の偉大な女性が今日のタイトルと、

もうひとつ、こんな言葉を残してるね。

身に染みるわ〜

 

 

「恋ってステキな事ね、偶然出逢ったあなたが

1番大事な人に変わる」