読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

03.夢が叶った

前にM君がお蕎麦が大好きだって言ってたから、おすすめのお店を教えてあげた事があり、

少しして、食べに行ってきたみたいで、あの店ちょー良かったですよ!って報告してくれた。

 

誘って、一緒に行けば良かったーって気持ちと、

紹介したお店にすぐ行ってくれて、しかも

美味しかったって言ってくれた嬉しい気持ちが混在してた。

 

昨日その蕎麦屋さんの話になって、

「明日の朝行きましょうよ!」って言ってくれたので、急遽、ごはんデートすることになった。

 

M君と2人でゴハンなんて、ここ数ヶ月、

ずっと願ってた事だし、こんなにあっさり

叶うものなのか?って、ちょっと混乱してた。

 

普通に考えれば仲良い会社の上司と部下が

一緒にゴハンに行くなんて普通の事なんだろうけど、自分がこんな恋愛状態なモンだから、

一大イベント中の一大イベントなワケで。

 

朝、とりあえずお店に2人で向かう。

M君と街を歩いてるだけで、幸せ。

寒いね〜とか、天気良いね〜とか、

何でもない会話なんだけど、物凄い充足感。

 

蕎麦屋に着いた。

当然ながら、M君のゴハン代を出してあげた。

めっちゃくちゃ喜んでくれた。めっちゃくちゃお礼言ってくれた。

なんて良い子なんだろ。

普通なんだろうけど、今までにないくらい

お礼言われた。

こんな安いモン、なんぼでも奢ってあげたい。

M君の為ならいくらでも出してあげたい。

できる年下だ、と思った。

 

おすすめメニューを教えてあげると、素直にそれを選んでくれる。

自分が紹介したものを、基本的にいつも気に入ってくれるM君。

M君が好きなモノも全部好きになりたいと思う。漫画やゲームは趣味が合うんだけど、

音楽。彼は基本的にクラシックしか聴かないので、音楽の話が出来ない。これがちょっと寂しい。カラオケも行かないらしい。

 

蕎麦を食べながら好きなゲームや漫画の話題、会社の話題で盛り上がる。

自分にとってこんな幸せな時間は無かった。

 

ここで幸せに浮かれた自分、更に

畳み掛ける。

M君、LINE交換しようよ!?

 

「いいですよ!」

 

こうしてM君とLINEを交換することが出来た。

会社を出ればM君と全く絡めないのが毎日辛くて精神病んでたのに、こうもトントン話が進むかね。

 

ともかく、大好きなM君とゴハン行けて、LINE交換出来た。

 

いつも美味しくて感動する蕎麦の味が、

今日は全然わからなかった。

 

幸せ過ぎて眠れないかも。

 

来週は、お酒を飲みに行く約束も。

自分が進んではいかん方向にどんどん進んでる気がしてならない。

 

 

 

 

02.恋愛相談

昨日はM君が恋愛相談をしてきた。

 

苦しんでるのはこちらなんだけどな〜。

まあそんな事を言えるはずもないので、話を聴いてあげた。

 

彼女が浮気してるかもしれない、とか、

食事行った時のお金の揉め事とか、

ゲイの恋愛相談とそんなに変わらない内容。

 

とりあえず全部聴いてあげて、簡単なアドバイスをしてあげた。

「別れよーかなー」なんて冗談っぽく言うM君。

その次は自分と付き合ってください!なんて

言えるはずもなく、苦笑い。

 

彼女とも、基本的にLINEのやりとりはほとんどしないらしい。最初からそれを言って付き合い始めたらしい。

彼女からしたらこんなイケメン彼氏にLINEで日常的に甘えたり出来ないのはとても可哀想だと感じた。

 

M君はO型らしい。

LINEしないとか、

なんかそんな感じしてたんだよな〜。

SNSも一切やってないみたい。

どーでも良い絡みはしたくないらしい。

そういうとこも何だか好き。

 

それにしても、彼女とのことで悩んでる

M君が可愛くて仕方ない。

ノンケやっとんな〜って感じ。

当たり前だけど。

 

昨日はM君の紹介で新しいアルバイトの子が入ってきた。

M君が毎週のように泊まりに行くくらい仲の良い友達らしく、色んな思いが交錯していた。

 

友達が来たら自分と話をするより、友達の方に行ってしまうだろうなーとか。

 

その友達はゲイで、M君が好きなんじゃないかなーとか。いろいろいろいろ妄想してた。

(その為にアプリで自分の写真消しておいた)

 

フタを開けてみたら全然ゲイ臭のしない、

ちょっとオタクっぽくて普通のヤツだった。

 

友達が入ってきても、M君は自分の隣に来て話をしてくれる。 

休憩中に、二人で仲良く話してるのを聴いたけど、モンストとかゲームの話ばかり。

 

M君は意外とインドア派でゲーマー。

見た目はそんな感じ全くしないんだけど。

シャドバとかモンストとか、かなりやり込んでるみたい。

友達を見る限り、本当なんだなあーと感じた。

 

そんな感じのクセに原宿とか行くと芸能事務所とかにしょっちゅうスカウトされるらしい。

 

池袋だとホストのスカウトにあうみたい。

M君がホストだったらお店にズブズブ沈んでしまいそう。

 

違う出会い方じゃなくて良かった。

 

 

 

 

01.出逢ってしまった

2016年、出逢ってしまった。

 

ゲイとして会社で20年近くを過ごし、

ノンケに恋してはいけないと分かってはいながら、

完全に恋に落ちてしまいました。

 

相手はM君。

22歳、大学生。

完全なノンケ。彼女有り。バイとか、そんな救いは無い。

色白で、スリム、顔は可愛いとかっこいいの間、可愛いに少し寄ってる。

今風で明るい、少年のような性格。ヤンチャで声が大きい。

笑顔がとても爽やか、挨拶も元気よくする。

髪は茶髪でショート、元バスケ部らしく、太ももだけちょっと

しっかりした感じ。

 

じっとしてられないみたいで、いつもそわそわ動いてる。

椅子の上にあぐらかいて座っちゃう感じ。

 

外見がタイプなのはもちろんなんだけど、

中身が最高。

話がとても合う。好きな事、興味がある事が似ていて、

M君と話しているといつまでも話が尽きない。

 

見た目にそぐわぬ考え方の大人っぷりも惚れた部分。

物事を理論立って考える、矛盾は好まない、思考のない事柄が嫌い、

 

恋愛に対しても凄く真面目。

 

同僚が風俗とかピンサロいかないの、って聞いても

彼女が居るから、そういうところには絶対に行かない、って。

先輩に女を紹介されても断ってるらしい。浮気は絶対しないって。

彼なりの哲学で、そういう所で真を通しておきたいらしい。

 

最近はM君が

「○○さんと話してると楽しくて時間が過ぎるのが早い。」

と言ってくれる。

 

そんな感じで、上司と部下としてはマックスに近いレベルで

良い関係を築けている、と思ってる。

自分以外にM君とこんなに話をする人は職場には居ない。

 

もちろんM君には優しく接してきた。

心が安らいで自然と優しくしてしまう。

 

当初はこんなイケメンと一緒に過ごせるだけで幸せ、って感じで

役得感を120%楽しんでただけだった。

 

いつからかM君の事が頭から離れなくなり、

M君と職場で会えない日が続くととても辛い気持ちになりはじめた。

 

M君とLINEしたい、とか、M君と御飯に行きたい、とか

半年前の自分だったらアホか?って思うような事まで、真剣に考えてしまう

ようになってきた。

 

M君とLINE交換したところで、何を送りつけるんだ?

今まで会社のアルバイト君と御飯なんて行ったことないのに、

急にそんな事したらゲイバレしかねないぞ、

心では分かってるのに、現状に満足出来なくなっている自分が居る。

 

最近、退職者が出るので、お別れ飲みをしよう、という話になった。

M君、一緒に飲みましょうよ、って凄く楽しみにしてくれてる。

 

M君とは会社の懇親会で一度だけ飲んだことがある。

自分はふがいなくべろべろに近い状態になってしまった。

M君に何か言ったりしたり、していなかっただろうか。

周りの話では何もしていなかったようだ。

その時はまだ恋心なんて芽生えてなかったから。

 

今、一緒にお酒なんて飲んだら、自分が制御出来るのか。

不安しかない。

何かアクションを起こしてゲイってばれたら、M君が好きってばれたら。

うまくいくはずはないし、

今の上司と部下の関係は終わってしまう。

 

それだけは絶対に嫌。

先がないとしても、今の環境は壊したくない。