読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

14.お泊まり①

昨日はO君の送別会だった。

 

送別会は20時スタートと遅めだったので、ちょっと前に集まって飯食ってから行こう、って話になった。

この0次会参加者は自分、M君、H君。

 

H君は1時間くらい遅れるって事になったので

M君と2人きりのご飯デート。

自分とM君はお酒を飲み過ぎるので、

少し腹に何か入れてから、飲もうって事を決めてた。

「何処行こうか」って話をしてると、

送別会会場近くにびっくりドンキー

あったので、久しぶりに行きたいなって

話をすると、M君も、

「僕も久しぶりに行きたいっす」って

行ってくれたのでびっくりドンキー

行くことに。

 

最初はM君と2人、周りはデート中のカップルが多くて、ちょっとしたデート気分になれた。

休みの日にM君と2人きりのゴハン。

幸せ。

 

同時に、モンストマルチをやろう、という

話をしていたので、モンストを開く。

M君はゲーマーなのでモンストも自分より

遥か上のレベルでプレイしている。

いろいろ教えてもらいながら、

ハンバーグを食べる。

最高の時間はあっという間に過ぎる。

 

H君が到着した。

3人でモンスト、

すぐに飲み会の時間になったので、

場所を移動する。

 

飲み会では、なるべくM君と違う席に座るつもりだった。

流石に最近仲良くし過ぎてるから周りにバレちゃうんじゃないかと、気を使ってました。

しかし、スッと自分の隣に座ってくるM君。

もう本当に懐いてくれてる。可愛い。

 

今回はO君の送別会と、新人歓迎会を兼ねて

いたので、M君の紹介で最近入ったH君は

主役。

M君が「おまえ飲めよなぁ〜」と、

H君を煽りまくる。

 

新人のアルバイトの主婦が、H君に

絡みまくる。

「H君童貞なんだ〜、早く卒業しなきゃ!」

ってな内容でガンガン来る。

それを見てたO君とM君はテンション上がって、その会話に参加してた。

 

O君が「あのオバハンは童貞キラーやで、若い

男に筆下ろししたいんや!」と言いだす。

そんな女がM君を放っておくだろうか。

若くて可愛いM君が誘惑されたら嫌だな、

と思いながら会話を聴いていた。

 

他に若い女性の新人も何人か居て、M君と楽しそうに話してるのを見て、嫉妬心が沸いた。

 

彼女が居ても辛くないけど、自分の目の前で

他の人や、女の子と仲良く話してる姿は初めて見たせいか、

凄く心に突き刺さるものがあった。

ましてや女。

女なら、M君を誘惑して

セックスしたりキスしたり、って事も

出来る訳だ。本当に羨ましい。

 

もやもやして、酒をバカ飲みした。

本気のバカ飲み。

たまにM君が一気を煽ってくるので、

何度も乾杯一気をした。

どんどん酔いが回って、かなり

やばい状態に。

 

しかしその頃には、

M君は離れた場所に移動しててそっちで何だか盛り上がっている。

自分以外の人とほとんど交流がない

M君、今日は色んな人と話したい、

と言っていた。

かなり呑んだくれのM君、すぐに初絡みの

人とも仲良くなれていた。

 

自分はグロッキーになっていたので、

あまり人と会話しなかった。

M君と話したい。M君以外に興味が湧かない。

 

ひどく酒をかっ喰らったものの、

先に飯を食ってたのが効いたのか、

そんなに泥酔せず、M君へのセクハラや

その他暴言などは出さずに終了した。

 

解散した後、

O君、M君、H君と4人で二次会に

行くことにした。池袋西口方面。

小さな居酒屋で二次会。もうみんな

グロッキーであまり飲まずに終了。

 

O君が、「そば食おう」と言いだしたので、

前にM君と初デート(思い込み)をした

蕎麦屋に行くことに。

 

蕎麦を食ったら、O君が、帰る、

と言い出したので解散の流れになった。

終電を無くしていたM君とH君は、路頭に迷う事になった。

タクシーしかないかー、高いなー、とか

2人で悩んでたので、

 

 

「良かったら家くる?」

 

 

と言ってしまった。

 

「助かります!ありがとうございます!」

と、2人はなんの疑いもなく、家に来る事に。

 

色んな不安がある。

 

部屋でゲイバレしないか。

 

M君を襲ってしまわないか。

 

まあ、H君も居るので大丈夫だとは思うけど、、と、

 

「ちょっと片付けてから、で良いかな」

 

と自分の部屋のゲイチェックを

する猶予をもらった。

2人は最寄りのコンビニで待っててもらい、

「軽く片付けるから待っててね」と言って

 

急いでゲイチェック。

普段、そんな意識なく部屋を作ってるから

ノンケが見ておかしいものがないか、

俯瞰で確認する必要があった。

べろべろの自分に、そんな冷静なチェックが

出来るだろうか。

 

ばれたら全て終わりだ。

 

13.君の笑顔

今日はM君と仕事。

距離を置こうと決めて、初めての出勤。

 

やっぱり無理だった。

M君がいるのに、話をしないなんて

無理過ぎる。

夏休みのない8月のよう。

ムリムリムリ。

 

ってことで、拗らせまくってる自分は

相変わらず隣に座って話をする。

 

しかしショックな事が。

就活中のM君、あまりシフトに入れないようで、2週間以上会えない。

しかも、その次回のシフトは自分が別の人と交代になる予定の日だったから、下手したら

来月まで会えない。

 

抑えてた気持ちが爆発した。

 

やっぱりM君と会いたい。話をしたい。

ここで思わず、良く分からない事を

言ってしまった。

 

「あれ、もう来月までM君に会えないわ〜」

 

上司がアルバイトの子に言うとしたら

明らかに変なセリフ。

でも言ってしまった。

そんなに会えないのは無理だ。

思わず声に出してしまった。

 

M君が「えっ!?じゃあ違う日入りますよ!」って言ってくれた。

意図はともかく、反射的にそういうことを

言ってくれて嬉しかった。

なんだかんだ、月末に自分が入ってる日に

シフトを追加してくれたM君。

優しいな〜、俺の気持ち分かってるのかな〜、

と、また深い闇に落ちそうになる。

 

M君に会えないかも、ってなると

色んな事が伝えられた。

もっとLINE送っても良いか?とか、

一緒にもっと朝ゴハンしたい、とか。

プライベートでも遊ぼうよ、とか。

直接ではないけど、そういうニュアンスの

事を伝えることが出来た。

 

M君は快く受け入れてくれた。

明らかに何かがおかしいのに。

彼は何か気づいてるのだろうか?

それともやはり自分の言う事だから

聴いてくれてるだけなのか。

 

今朝、2人でトンカツを食べに行った。

M君と2人きりのゴハンは蕎麦屋以来だ。

 

朝方眠そうだったM君に、ゴハン行こうよ、って自然に言う事が出来た。

 

最近はいろいろ考え過ぎて、ゴハンも

誘ったら迷惑なんじゃないか、と

考えてたけど、M君は「行きましょー!」と

明るく答えてくれた。

 

しかも、休みの日に、H君もいるけど、

ゴハン&モンスト会をすることになった。

休日にM君に会える幸せ。

覇者の塔を攻略する名目だ。

モンストありがとう。

 

これからもこういうのを続けていきたい。

DSの世界では、38歳と22歳の友達関係は

あたり前だけど、ノンケの世界では

なかなか難しいと思う。

 

しかし、自分がおかしな行動や発言を

しなければ、M君と友人関係を築けるような

気がしてきた。

会って、話をして、ゴハンを食べる、

そんな関係で良い。

 

昨日も、◯◯さんと話してると楽しいです、

って言ってくれた。

 

キスとかハグとか、

セックスなんて望まないよ。

 

ただいつまでも君の笑顔を見ながら、

話をして、

それだけで良いな。

 

 

12.女心は分からない

距離を置きたい、と思っても

頭の中から離れない。

 

会えると思うと嬉しい気持ちと辛い気持ちが

渦巻いてしまう。

 

昨日はM君の親友のH君と隣の席に座った。

 

H君から、ふと、恋愛相談をされた。

今度女の子とデートらしいんだけど、

どうして良いか分からないって。

 

H君、浮いた話がないって、M君が

心配してたけど、そんなことないじゃん。

 

話を聞いてみると、22年間、デートとか

したことないらしくて、初めてなんだって。

M君にも、恥ずかしくて恋愛相談とか

したことないらしい。

 

何か可愛いな、と思って、いろいろ

聞いてあげた。

M君にも相談してみれば?と言うと、

やっぱり恥ずかしい、って。

友達同士だと恥ずかしいのかな。

M君は彼女居ることをH君に隠してるし、

そういう相談はしない関係性なのかな。

 

H君は不器用な様子で、デート当日の

プランとか考えて悩んでるみたいだった。

女心は分からないけど、まあ、

なんとなく、アドバイスしてあげた。

 

とりあえず、友達として、でも

その女の子と仲良くなりたいらしい。

H君の出す雰囲気なら、大丈夫だと思った。

溢れ出る良い人オーラがある、優しい男

だから、絶対大丈夫だと思う。

 

H君、結果をLINEしてくれるって。

M君とLINEしたいのに、、。

 

まあでもH君と仲良くなって、多少

気を紛らわせられれば良いな、とも思う。

 

恋してるんだなーって、

羨ましい気持ちでいっぱいだった。

誰からも咎められない恋。

未来のある恋。

許された恋。

 

それにしても2人とも自分に恋愛相談

してきた訳なんだけど、なんなんだろ。

1番悩んでて1番相談したいのは

自分なんだけどな!?

このままH君と仲良くなって、いつか

M君への気持ちを相談しようかな!?

 

今週は会社の飲み会がある。

前回はM君の隣をがっつり確保してたけど、

今回はあえて距離を置こうと思う。

そうやって少しづつでも離れる努力を

しないと、一生このままだ。

11.距離

距離を置いてみようと思ったけど

なかなか難しい。

 

昨日は友達のH君が居たので、とりあえず

M君を隣に配置して、2人で仕事をする

ように指示をした。

M君は特に気にする様子もなく、

いつも通り仕事をしている。

当たり前だ。あちらは何にも意識なんて

していない。

こっちはM君が隣に居ないって事で

心が締め付けられそう。

 

H君の隣にM君を移動させたら、

2人は仲良く話をしていた。

やっぱり今までは自分が半ば強制していた

から自分と話をしてただけなんだろうな、

と思った。

 

自然と、いろいろ強制していたんじゃないか、

と不安になってきた。

自分は会社の上司な訳で、M君も多少は

合わせなきゃならないだろう。

LINE交換にしても、ゴハンにしても、

知らない間に強制させてしまってたかも?

今後は意識的に距離を置かなければ。

 

昨日はH君と色々話をした。

自分との共通の話題はM君なので

どうしてもM君の話になってしまう。

話してると、どうも自分のほうがM君について

詳しいような気がしてくる。

大学の親友のH君よりM君を把握してるなんて。

M君に色々聞きすぎていたかもしれない。

 

H君とM君が休憩室で話をしている時に、

M君が大きな声で「やった〜!」って

喜んでた。

気になったので、後でM君に聞いてみたら、

 

「モンストの降臨があるから、明日

泊まりに行っても良いか聴いたら、OKだったんですよ」って。

H君、M君とモンストお泊まり会なんて

羨まし過ぎる。

モンストのイベントの時にしょっちゅう

H君の家に泊まりに行ってるらしい。

 

お泊まりする事になって、やった〜なんて

無邪気に喜んでるM君が、また可愛いなって

思ってしまった。

ホント、子供のような男の子だな。

 

朝方も眠い眠いと、フラフラしながら

仕事をしていた。

会社のルールがなければ、

いつでも仮眠させてあげるのに。

 

朝、一緒にゴハンしたかったけど、

我慢した。誘ったら多分行けたんだろうけど、

強制するようなものだから抑えなければ。

 

徐々に距離を置いていきたい。

数ヶ月前のような、単純にイケメンと

一緒に居れて幸せ、くらいの感覚に戻りたい。

 

会うたび、話をするたびに、

M君への興味が湧いてしまう。

興味を近づけたくなる。

相手に色々求めたくなる。

 

そういうのはもう卒業しなければ。

 

家に居るとずーっと考えてしまって

良くないな、と思ったから二丁目に

行こうと思って行ってみたけど、

頭の中は結局M君のことばかり。

 

もうどうしようもないなー。

 

 

10.永遠の業火

ブログをツイッターで紹介したら

みんなから読んだよ、

とか、自分も似たような体験あるよ、

とか様々な意見をもらった。

 

昨日は久しぶりの二丁目で

某人達に「ブログの人だ!」なんて言われて、

読んでもらった嬉しさと、恥ずかしさを

感じているところです。

 

男に産まれたのに、男に恋してしまうって

罪な事なんだよなー。

社会がまだまだそんな事を許さないし、

相手の心にもそれを受け入れられるような

部分がないんだもん。生物的に。

受け入れてくれる人が居たとしても、

優しさとか、情ってものでしかないはず。

 

でも普通の生活をしてれば、

仲良くなる人は男が多いし、

ノンケにしてみれば友達や親友になっても

女の話しない奴だな、とか、心開いてくれない奴だな、とか、そんな評価を下されりする。

 

さらに恋なんてしてしまったらもう大変。

 自分のように影でこそこそ想いをはせるか、

直接伝えてブッ壊れるか。

 

ゲイなら誰にも可能性あるんだよね。

自分みたいに、直接仕事で深い関わりを

もつ相手が恋愛対象として最高峰だったり

するって事。

 

恋してしまった今となっては出会わなきゃ

良かった、とは思わないし思いたくないけど、

もっと遠い存在だったら、こんなに

心が動かなかっただろうな、とは思う。

 

M君と、今月何回会えるんだろう。

彼がシフトを入れなければ、単純に会えない。

今月から彼は就活に入るので、かなり

会える日が少なくなる。

 

友達になりたい。

休みの日に誘い合って、ゴハンしたり

出来る存在になって欲しい。

今の関係ではそれは叶わない夢だ。

年齢も離れてるし、

現実的には不可能かもしれない。

 

そろそろ自分の気持ちを整理して、

接し方を変えていかなきゃ、と思う。

 

今日もM君は何食わぬ顔で自分の

横に座ってきた。

 

無間地獄を終わらせなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

09.お酒の席は怖い②

M君とO君と、3人で飲んでる店の中に

見た事のある顔が。

 

以前に会社を退職した元同僚の

男性Uさんだった。

ちょっと夜の仕事をしてそうな雰囲気の

女性と2人で飲みに来ていたようだ。

Uさんは既婚者。

 

O君が「あれは絶対浮気っすよ!!」

M君も「女、絶対キャバか風俗っすよ」と

2人が感じるくらい、そういう雰囲気を醸し出していた。

 

Uさんは45歳くらいで、既婚者だが、

職場に居た頃から、ゲイ的に言うところの

「色が強い」人だった。

なので平日の朝からケバい女とお酒を飲んでるというシチュエーション自体、まあ99パーセント、浮気なんだろうな、と思った。

 

O君が、こっそり写真撮りましょう!と

言い出した。彼の作戦は、トイレに行くフリをして、カメラを動画モードにして、自然に撮影して戻ってくる、というもの。

 

M君はこのUさんの事は知らないんだけど、

ノリで僕もやります、って感じになり、

3人で証拠写真を押さえて、O君のフェイスブックに掲載してしまおう、という流れになった。

 

自分の目的は別にあった。

Uさんを撮影する、と言う名目でカメラを

起動してM君を撮りたかった。 

 

M君の写真がどうしても欲しいけど、

ツイッターも何もやってないM君の写真なんて

手に入る訳がない。

 

かといって普通にカメラ起動して盗撮してるのがばれたら一巻の終わり。

堂々とカメラ起動する理由が出来て、たまたまM君が映り込んでしまう、これこそ千載一遇のチャンスって訳だ。

 

ていうような計画を考えていたのに、結局、

酔っぱらいのO君、

普通にUさんのテーブルに押し掛けて、

何やら会話をしはじめた。

 

とんでもない奴だ。

絶対誰にも知られたくない

デートのはずなのに。

自分も酔っぱらうと酷いけど、

O君もなかなかやばい。

 

M君が3時から友達とバスケの約束がある、

って事だったから2時にお店を出る事に。

 

今回、O君の送別ってのとM君が最近金欠って

ボヤいてたから全部払ってあげるつもり

だったのに、M君、それは申し訳ない、って

お金を、出してきた。

いいよ、って言っても出してくる。

引かないので半分だけ受け取って、返してあげた。こういうところ本当好き。

 

お店を出て、

行く先はハッテン映画館。

2人で嫌がり続けた事で、O君もようやく

諦めたんだけど、

入り口を観に行きましょう!ってしつこいので、3人で入り口まで向かった。

 

確かにお店の前に本日1000円!

のノボリが立っている。

入り口の壁にはピンク映画のポスターが

貼ってある。

M君、ポスターには興味あるみたいで、

じーっと見てた。

3本立ての作品の内、若妻巨乳みたいなのに興奮してるみたいだった。

 

O君が、映画館に入るおっさんにどんな感じなんすかね?って声を掛け出した。

絡み酒って本当怖いわ。

O君の状態がやばいので解散する事にした。

 

いろいろあったけど、M君と5時間近く

お酒を飲めて嬉しかった。

かなり酔ってたみたいだけど、脱いだりとかはしてなかったな。

O君が、酔っぱらったら○◯(自分)さん家行きましょー!

なんて、最初に言ってきたから、

ワンチャンそのパターンあるかな、とも

思ってたけど。

場所も池袋西口だったし。

でもM君の反応は薄かったし、そんな事は

今後もありえないだろうな。

先週、M君彼女と、

ウチのすぐ近くのBARで朝まで

飲んでたみたい。

ばったり会ったらどうすんのさ、ホントに。

 

M君とLINEしたりゴハンしたり飲み行ったり

出来るようになって、

また少し欲求が出てきた。

次は休みの日の夜に会ってゴハンしたり

してみたい。

こういう欲求の積み重ねの先に、

崩壊があるんだろうなあ。

 

君の幸せな人生に自分が入り込む余地はないんだよな。

君の夢は子供を育てる事だもんね。

これから、就職して、恋をして、結婚して

可愛い子供を作って、

幸せな家庭を築いて欲しい。

自分が出る幕は無さそうだ。

 

この迷宮からいつ抜け出せるんだろう。

M君がアルバイトを辞めたら、

自然と忘れられるんだろうか?

 

それとも自分がゲイの人に恋をすれば良いのか

 

M君を超えるような存在に出会うまで

終わらないって事かな

 

08.お酒の席は怖い①

今月、大学生アルバイトO君の送別会がある。

それに先立って、夜勤仕事終わりで

数名でプレ送別会をしよう、という話に

なっていた。

 

メンバーは自分、O君とM君。

3人で朝から酒を飲もうって話だ。

 

O君は、数年、夜勤アルバイトをやってる

大学生で、M君が入ってくるまでは

自分が1番仲良く話をしていた子だ。

しかしM君が入ってからは、O君がいても

自分とM君が隣同士に席を取るように

なっていた。

O君は典型的なノンケキャラ。

会社に女性が入ると、やりたい、やりたくない、とかすぐ言い出すタイプ。

 

それで実際に関係を持ったり、風俗だのピンサロだの、ウルサイやつ。

ゲイの自分にとってはなかなか会話に

苦慮する時も多かったけど、

O君は話やすく、なかなか楽しいやつなので

割と仲良く話をしていた。

何故かゲイネタも良く話していたぐらいだ。

 

O君とM君は基本的に絡みがない。

M君がシフトインしてる時は自分がM君を独り占めしてるし、自分の居ない時にM君はシフトに入らないからO君とM君が仲良くなるきっかけがなかった。

 

そんなO君と、ごはんや飲みに行くのは初めて。そもそもこんなに長く一緒に働いてるO君より先にM君と蕎麦食いに行ってる時点で、

勘の良い人にはばれそう。

 

ともかく、朝から3人で飲みに行くことになった。M君はこの飲み会の為にシフト調整までしてくれて、飲む気マンマンだった。

O君も朝から酒を飲むってのでテンションが上がり切っていた。

自分も、もちろんO君とお酒を飲みたかったのもあるし、M君とお酒を飲むなんて最高に幸せなイベントだし、楽しみでしょうがなかった。

 

朝9時30にお店に入って、店を出たのは

昼の2時ぐらいだった。

10杯くらい飲んだかな、かなり酒は回ったけど、終始冷静だった。

横にM君が座ってて、ずっと萌えてた。

O君に女のネタでいじられまくる

M君が可愛くて可愛くて、ずっとニヤニヤしてたかもしれない。

 

しかし最後の方でちょっと困った展開が発生。

O君が、飲み終わりでハッテン映画館に3人で行こう、と言い出した。

池袋にハッテン映画館があって、昔ながらのピンク映画が流れてる場所なんだけど、

そこにはゲイが集まってて、入ってきたノンケを襲ったり、金銭交渉の末にヌイたりする場所らしい。

 

自分がよくO君にそういう場所があるらしい、という話をしていたせいか、彼が酔っぱらってるせいか、突然こんな訳のわからない事を言い出したのだ。

 

何しに行くんだよ、と突っ込んだら、

「社会見学ですよ!」と言う始末。

そういう場所は社会とは無縁の場所だから

見学で行くような場所ではない。

 

挙句の果てに

M君を連れて行って、M君が男に襲われるのを

2人で観ましょうよ、と、言い出した。

「お前は俺か!」とツッコミたくなるような

欲求だ。

そんな事を自分が言ったら完全にアウトだけど、O君のキャラなら有り得る雰囲気。

羨ましいキャラだ。

 

M君は「男はやばいっす!襲われたら抵抗出来ないですから!」と、当然ながら嫌がる。

嫌がるほどにO君のテンションがあがり、

襲われたら助けてやるから、中を覗きに行こうよ!と、諦めないO君。

 

自分の中の天使と悪魔が戦うって比喩表現があるけど、自分の場合、天使も悪魔もM君のそういう姿は見てみたいので考えても意味がない。


直感的な判断で動くしかない。

立場上この話に乗っかる訳にはいかないので、

「そんな気持ち悪いところ行きたくねーわ!」

と、M君側についた。

そもそもM君が他の男にやられるの何て

嫌だし。

見たいけど、嫌だ。

 

O君、今までの飲みエピソードを聞く限り、

毎回飲む度に、何かをやらかしてる奴なので、

今回も何かひとつネタが欲しかったみたい。

 

なかなか折れないO君。

 

M君がネットで映画館を調べて

「こんなので入るだけでも1800円もかかるみたいですよ!絶対嫌ですよ!」と言う。

 

するとO君もネットで調べて反論する。

「今日映画の日だから1000円だよ!」

 

あんな場所にまで適用されるんか。

毎月1日は映画1000円の日。