漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

32.途切らせたくないので。

ひとしきりM君とのイベントが終わった。

9月は本当にM君充が凄すぎて、

感覚がおかしくなってました。

 

毎日一緒に居られる日が4日続いたり、

ステーキデートではソフトクリームを

あーんされたり、

後から思い出しても幸せになるような

素晴らしい時間を過ごせました。

 

10月は、会社で会えるタイミングが

かなり減ってしまった。

彼の予定もあって、なかなか仕事も

かぶらないし、何しろ、プライベートでの

予定がない。

 

昨日を境にしばらく会えなくなる事が

わかっていたので、

イベントの企画を立てまくった。

全部で3本。

 

ひとつはまたウチでゲーム会。

焼肉ではなくて、すき焼きを食べよう、

という計画。

これはすんなり決まって、土曜日を

開けてくれた。

前回は15時間近くウチに居てくれて、

シャワーも浴びて、居心地がいい、と

すごく気を許してくれてる感じだった。

もっともっとくつろいで欲しい。

たまに泊まりに来てくれないかなあ。

 

もう一つのイベントは、H君の寮に

俺が遊びに行くという、

ちょっと考えられないようなイベント。

 

H君は大学の学生寮に住んでるんだけど、

学校の近くってこともあって、

しょっちゅうM君がそこに泊まりに行ってる

らしく、そこに前から誘われてたもんだから、

今月のイベントとしてブチ混んだ!

 

年齢が倍くらい違う会社の上司が

バイトの学生の寮に遊びに行くって

かなりあり得ない気がするんだけど、

2人とも、来て来て言ってくれるし、

M君に関しては泊まってください、って

言ってくれるし、ノッてしまいました。

 

聞いてる話だと、M君はそこにお泊まり用に

布団を一式買い込んで置いているらしいんだけど、俺が泊まるとなると、どこで寝る感じになるんだろう、、。

まさかM君と同じ布団で添い寝出来るんじゃ

ないだろうか。

期待と不安がよぎる、最大のイベントです。

とりあえずこのイベントをこなしておけば、

M君が独り暮らしを始める来年、

H君と一緒に遊びに行きやすくなる訳です。

彼の家にお泊まり出来たらもう最高でしょう。

 

もう一つはカラオケデート。

これは日程が決まらなかったから

今度会った時に決める感じになった。

 

しかし大学生のノンケの男子が

こんなオッサンと月に何回も会ってくれて

良いのだろうか。

同い年の友達もたくさん居るみたいだし、

なにより彼女が居るのに。

 

彼は本当に自分を信頼して、遊んだり、

楽しい時間を共有してくれる。

自分にとって本当に大事な存在。

友達以上になりたい、

今後の人生、ずっと一緒に入れたらなあ。

 

 

31.終末の日に。

久しぶりの自宅での焼肉会をやった。

参加者はM君と、H君。

 

夜勤仕事終わりで3人で買い物して、

午前中から開始。

3カ月前、ドキドキしながらM君をウチに

呼んで以来、ほんとに久しぶりの会。

 

午前中から始まって、

解散が夜中12時過ぎ。

金曜の仕事からずっと一緒だったから

トータル27時間を一緒に過ごした。

 

M君が、居心地が良いなあ、と言ってくれた。

途中仮眠タイムがあったり、

シャワー貸してください、って感じで

目の前でズボン脱ぎ出したり(!)

すっかり心を許してくれてる様子だった。

前は警戒してる空気もあったような

印象だったけど。

 

大好きな彼とこんなに長い間一緒に

いれるなんて本当に幸せだった。

H君も居たので、2人きりではないけど。

 

当日は隕石が衝突して地球が滅びるなんて

ネットで話題になってたけど、

むしろM君とこんなに幸せな時間を

過ごせて、このままM君と一緒に居る時に

地球が滅びるなら是非そうなってくれ、と

割と本気で考えていたりした。

 

最近のM君充がやば過ぎて、

またどんどん彼を好きになっている。

またゲイ活動が薄くなってきてる。

 

職場の人間がM君に絡んでるのを

見るだけで軽く嫉妬してる自分が居る。

男女問わず。

また良くない方向に進んでいるな。

 

一緒に居る時間が増えて、またいろいろと

話をするようになって、

M君が自分のことを前にも増して信用、

信頼してくれてるのが感覚的に凄く

感じるようになってきた。

 

本当に可愛いくて仕方ない。

外見的にも内面的にも。

 

前回の焼肉会は、その日以降会える予定も

なく、会社にもしばらく来ないという事で

終わった後は喪失感いっぱいだったけど、

今回は違う。

また会社で定期的に会えるし、

他にもいろいろ約束をしてるので、

またゴハンとかに行ける。

 

冬にはまた鍋パーティーをしよう、って事で

解散した。

 

世間では終末の日と予想されていた日は、

自分にとって最高の日となった。

 

30.ノンケの未来

最近は週に何度もM君に会えて幸せが

ずっと続いてる。

会社に来る日はぴったり自分に合わせて

くれるので基本的に一緒に居られる。

夏の憂鬱を取り戻すかのような毎日だ。

 

話をするタイミングも増えて、

根深い話も聴けるようになった。

人とこんなに深く話をするのが久しぶりだ。

 

っていうか、滅多に話題にならないような

人間性の根幹についての話をする。

生い立ち、育ってきた家庭環境、自分の

性格など、、、。

日を追うごとにM君という人間の深い部分を

知ることが出来る。

彼も遠慮しながら色々と質問をしてくれる。

 

人と人って、表向きな部分でしか

接しない事がほとんど。

友人でも会社の同僚でも。

そんな中、お互いにいろいろと話をしながら

相手を理解し合う。こんな状況がなんだか嬉しい。

 

人を好きになるって事は、その人に好意と興味

が出てくるという事で、こういうコミュニケーションを重ねる事で、お互いに更に相手に

好意を持つようになるのではないか。

もっともM君は自分に恋愛感情はないだろうけど。

人間的にこんなにノンケと触れ合った経験はないかもしれない。

 

彼には10歳ほど歳の離れた兄貴がいる。

彼は兄貴を尊敬している。

親よりも兄貴に世話になって育ってきた

らしく、そんな兄貴のアドバイスを受けながら

今後の進路や人生を考えているみたいだ。

 

M君はわたしのことを、時折、兄貴みたい、

と表現してくれる。

考え方とかが、似ているところがあるらしい。

おそらく兄貴は血の繋がりによる愛情を、

わたしは恋愛的な愛情をめいっぱい注いでいるから、同じように受け取る瞬間があるのではないか。

 

M君には結婚願望がある。

子供が欲しいんだそうな。

彼には早く幸せになって欲しい。

 

自分はM君を好きなのに、そんな簡単に

結婚して欲しいなんて思えるのか?

 

恋愛観は人それぞれ、

自分は好きになった人に幸せになって

欲しい。

もちろん独占欲的な感情もある。

だからたまに会いたいし、

嫉妬もする。

でも最終的なゴールは相手の幸せ、と

考えているので彼が結婚して子供を作って、

幸せな家庭を築くならそれが自分の願いでもある。

 

ゲイ同士の恋愛においても、自分は

好きになった相手の幸せを考えていた。

でもやっぱり自分の欲求も出てくる。

それが満たされなければ相手に愛情を

注ぎきれない。

その辺りが自分の恋愛の未熟な部分だと思う。

 

条件や制限のついた愛情では相手を

愛しきれない。

親が子供に注ぐ愛情にそういう枷はない。

そのくらいじゃないと相手には伝わらない。

自分の独占欲や欲求を満たすために

相手を愛しても続かないだろうなと思う。

 

ノンケに対しては、相手の愛情を求めない分、

そういう無償の愛を注ぎこめる。

M君が最近自分に優しく、凄く好意的に

接してくれるのは、そういった愛情を

感じてくれてるから、かもしれない。

 

M君との叶わない恋愛においても

成長は出来るのだ。

思えば飽き性な自分がブログを半年以上

続けられている。

これもひとつの成長だな、と思う。

29.もしかして。

昨日は2カ月ぶりにM君とデート。

違うんだけど勝手にそう思ってるのです。

ゲイの人とリアルしてごはんしてカラオケ

行ったらデートって言うし、

コッチの感覚的にはデートでした。

とりあえず。

 

試験お疲れ様、ってのと、

宝クジ当たったらごはんおごるよ、って

約束をしてたもんだから、

良いタイミングで実現した二人きりのデート。

 

まずはステーキ食べ放題のお店に行った。

前回のデートで焼き鳥屋さんに行く

道すがら、M君に紹介してたお店だった。

今度ここに行こうね、って感じで。

 

彼は美味しい美味しいと喜んで沢山

食べてくれた。子供のようにはしゃいでて

とても可愛かった。

彼は彼が頼んだメニューとか、飲み物を

毎回必ず一口どうぞ、って感じで

渡してくれる。

間接キスみたいなのを気にしないあたり、

やっぱりノンケだなあー。と感じた。

自分はそんな事ばかり気にしてたわ。

ソフトクリーム一口食べて、さっと俺に

渡してくれるM君。

もう完全にデートみたいやん、と思って

テンションあがりまくりでした。

20歳近く離れたオッサン相手にこんな

感じで接してくれる可愛い可愛い後輩君。

 

んで、そのままカラオケへ。

本当は家とかホテルとか行きたい気分だけど、

不可能なのでカラオケへ。

幸せな時間はあっと言う間だった。

 

今回も歌のレッスン的な空気で2時間ほど。

少しづつ上達してて、嬉しくなってくる。

 M君の良いところは、SNSやらLINEやら、

ほとんどやらないからコチラが歌ってる時も

スマホとかいじらないで真剣に聴いてくれる。

カラオケのデンモクの使い方もあまり

分かってなくて曲入れたり探したりも

慣れてない。

こちらとしても凄く新鮮なカラオケ相手。

 

最近は毎日M君に会えている。

今週は4日連続で密着だ。

3カ月待って良かった、待った甲斐があった。

 

来週以降、またウチで焼き肉会も決まった。

こちらはM君の親友のH君も来るけど。

 

で、そのH君なんだけど、最近

よく分からない。

もしかしたらM君のことを好きなんじゃ

ないか、と思うことが多々ある。

 

M君が彼女とデートしてる話とかをすると、

聴きたくない、とか、聴いてられない、

みたいな発言をするんだよね。

 

本人曰く、自分に彼女が居ないのに、

M君だけそういう事をしている事について

嫉妬したり、ずるいと感じるから、

らしいんだけど。

M君のことが好きだとしても、成立する

反応なんだよな。

思えば大学ずっと一緒で、しょっちゅう

泊まりに行ったりする関係で、

恋心持ってても不思議じゃないんだよなー。

多分友情なんだうけど、邪推してしまう。

 

そんなH君にゲイツイートの通知を

見られた訳で、彼がゲイならもうおしまい

なんだけどね。

 

後、半年くらい、こんなペースでM君に

会えてしまう。

嬉しいような、不安なような。

何かあれば、自分も嫉妬の悪魔に

引きずられてしまいそう。

 

3カ月の間、ゲイ活動が薄くなり過ぎて

いたから、じわじわ活動的に動きつつ

あったのに、また閉じこもりそう。

 

昔ブログで、書いたような、

プライベートで、休みの日に2人きりで

M君と遊べる関係性になれたのに、

これ以上望んではいけないのに。

一体何を望んでるんだろう。

また訳が、分からなくなってきた。

 

28.3カ月。

やっと、やっと。

何かをこんなに待ったのはいつ以来だろう?

 

M君の試験がようやく終わった。

就職活動も並行してたけど、学校が

受かったので院に進学するみたい。

 

昨日久しぶりに職場でM君に会えた。

最初は違う日にシフトインしてたけど、

自分が居る日に合わせてくれた。

 

かなり長い間話せなかった分、沢山

話をした。職場で会うのは約3カ月ぶり。

カラオケとか行ってからは2カ月。

試験中だからLINEも控えてたから、

本当に久しぶりの絡みだった。

 

会えない期間に自分の気持ちはおさまると

思っていた。でも全然逆だった。

会ってない時間、ずっとM君のことばかり

考えていた。本当にすごいエネルギーだと

思う。

 

彼は、今よりずっと遠くの大学院に行ってしまう。東京ではあるけど。

でも、たまにコッチ来るから遊びましょう。って言ってくれたし、

初めて一人暮らしするんで、

家に遊びに来てください、って言ってくれた。

こんなオッサンが行って良いのだろうか。

行って良いのなら本当に行きたい。

M君の部屋、見てみたい。

泊まってみたいよ。

 

今のバイトも月に何回かは続けようと

考えているらしいので、とりあえず

離れ離れは回避出来た。

地方の大学院進学の可能性もあったから、

かなり良い着地点だったな、と思う。

何年かは一緒に?居られる。

 

早速、飯とかカラオケに行く日程が決まり、

第2回のウチでやる焼肉会の日程も決まった。

9月最高かよ。

6.7.8月と沈んでたけど、M君充が半端ない。

毎日会える。職場で、プライベートで。

 

彼は本当に自分と遊びたがってくれてる。

お世話とか、合わせてるだけではなく、

本心で自分と一緒に居てくれる。

本当に仲良くなれたなあ、と思った。

 

恋愛的な関係には絶対なれないけど、

友人として、彼の人生を見守り続けることが

出来ればこんな幸せな事はないかもしれない。

今の彼女とも上手くいってるみたいで、

就職まで付き合ってたら結婚も考えてる

らしい。

真面目な彼らしい考え方だな。

 

彼を見守っていたい。

離れるのは無理だ。

3カ月考えて、わかった事。

 

 

27.初カラオケ。

こないだのM君とのデート。

忘れられない1日になりました。

 

じわじわ関係を近づけていっても、

会社の関係ない、

プライベートで待ち合わせして、

2人きりでごはん行ってカラオケして、

なんて事が叶うなんて

思ってもいませんでした。

本当にデート気分でした。

 

このブログを初期から読んでくれてる

方は分かると思いますが、最初の頃なんて

会社帰りに一緒に蕎麦屋に行くだけで

幸せを感じてたくらいですから。

 

M君はとても優しい子。

俺がすすめた料理はひとつひとつ

美味しいです!って感想言ってくれるし、

カラオケのドリンクも取ってきてくれる。

 

しかもカラオケの選曲の時には、

リモコン見る為にめっちゃ俺に接近してくる。

 

本当に何の疑いもなく信頼してくれてるんだ

ろうなあ。

間違っても手を出したりはしたくない。

M君の事は大好きだけど、性的にどうこう、

ってのは考えたくない。

彼が幸せでいられるように自分の気持ちは

抑えなければ。

自分は彼と人生のわずかな時間でも良いから

共有していたいだけ。それだけ。

 

LINEで、定期的に飯カラオケやりましょう、

ってM君から言ってくれた。

人生でカラオケを楽しく感じたのは

初めてだ、とも言ってくれた。

 

カラオケのおかげでM君に会う理由が出来た。

会社の人にも説明出来る。

M君がカラオケ苦手で、将来の為に

歌えるようになりたいらしいから

教えてあげてる、って言える状況になった。

 

今まではモンストを理由に会社終わりに

ごはんに行けてただけだったので、

本当に良い流れができたな、と思う。

 

M君の歌の趣味も最高。

ビーイング時代のアーティスト、

WANDSDEENミスチルスピッツ

世代差を感じさせない選曲。

むしろ最近の曲より、90年代の曲が好き!って

言ってた。そういや、H君も同じことを

言ってたな。

 

中でもスピッツの「君がおもいでになる前に」が大好きらしくて、この曲を上手く歌える

ようになりたいらしい。

自分もスピッツの中ではかなり好きな曲で、

ユーチューブにもアップしてるくらい

歌い混んでる曲だ。

 

歌ってくださいよ〜とせがまれたので

歌ったら、凄い感動しました!って

言ってくれた。

 

 

M君がこの曲を上手く歌えるように

なるまで、何度もカラオケに通いたい。

 

しばらく上手く歌えるようになるまで

◯◯さん(わたし)としか、

カラオケには行きません、って言ってた

から、H君などの、

邪魔が入ることはないだろう。

 

しばらくは会えないけど、時期が経てば

ちょいちょいデート出来そうだ。

 

まだまだこの心の病は治らなそうです。

 

今回のブログはいわゆるノロケ的な空気が

いっぱいですが、たまには許して下さい。

ゲイ的な活動は0なので、たまには、ね。

 

いつか振り返った時に、あの頃は

幸せだったなーって、思えれば良いな。

 

26.友達。

ついに、M君と完全なプライベートで2人きりで遊ぶ日が来た。

 

こないだ少し会社で会ったときに、

1か月◯◯さん(わたし)と話出来なくて寂しかったんすよーって言ってくれたから、

勢いで美味しい焼き鳥屋さんあるから、

一緒に飲みに行きましょ!って誘ったんです。

 

割とすんなりOKしてくれて、

楽しみだ楽しみだ、ってLINEまでくれるので、テンションだいぶ

上がってました。

 

台風のバカがちょうど予定の日に関東に

直撃しそうだったからイライラしてたけど、

1日ずれてくれて助かった。

 

当日ドタキャンもあるかなーと

思ってたけど、ちゃんと来てくれた。

おすすめの焼き鳥屋さんで2時間くらい、

色々な話をした。

 

歳が倍も離れてる同性の上司と一緒に

居てくれるイケメン大学生。なんなんだろう。

幸せ過ぎた。

M君は美味しい美味しい、言いながら焼き鳥を食べてた。

その姿を見てるだけで幸せだった。

 

で、M君、カラオケが大の苦手で、

基本的に友達に誘われても行かないし、

彼女とも行かないという話を聴いてた。

H君からも、M君はカラオケ大嫌いなんすよ、

って聴いてた。

 

焼き鳥屋でカラオケ嫌いなの?って

聴いてみた。

そしたら、下手くそだから行かないんですよ、

、、って感じだった。

 

一緒にカラオケ行こうよ、自分は若い頃歌が趣味だったから、アドバイスしてあげるから、って言うと、

ここで行かなきゃ一生行かないかもしれないんで行きましょう、カラオケ教えて下さい!

って言ってくれた。

 

てことで居酒屋からカラオケへ。

 

M君の歌がどんなものか、知りたいので

歌ってみて、って言うと

割とすんなり歌ってくれた。

 

キーの合わない歌を選曲してるせいで、

音が取れなくなって音痴になっていた。

 

だからキーの合わせ方とかをちょっと

教えてあげたらすんなり綺麗に

歌えるようになった。

元々ピアノ弾いてるから音感はバッチリ。

 

自信を持って欲しいから採点機能も使って

歌ってもらったら、90点近い点数がでて、

かなり自信がついたみたい。

 

割と楽しかったみたいで、

カラオケ、◯◯さんとならまた行きたいんで

是非行きましょうって言ってくれた。

 

M君、これでカラオケの苦手意識が

無くなって、ちょいちょいカラオケに

誘ってくれたら嬉しいな。

会社以外で会える理由がまたひとつ出来た。

 

友達ってとこまではまだ大変だけど、

プライベートで2人で遊ぶ事が出来たのは

自分の中でとても大きかった。

 

彼がバイトを辞めても、普通にごはんとか

カラオケとかに誘い合える関係に

なれそうだから。

 

出逢った頃は想像もしてなかった関係に

なりつつある。

 

M君と遊ぶまでの1週間、楽しみで、

幸せ過ぎて、会社のストレスも

全く残らないくらいだった。

好きな人から貰えるパワーってのは凄い。

 

この1か月、休日は人にも会わず、

アルコールすら一滴も入れてなかったせいも

あってか、反動もあってか、

今日が楽しくて幸せで最高だった。

 

今もM君からずっとLINEが来てる。

今日とても楽しかったって。

 

M君が楽しかったなら良かった。

 

いつか、普通に友達になれるかな。