読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

21.焼肉を利用する人々

最近はM君との関係が落ちつき過ぎてて、

記述するようなイベントが無いのでなかなかここを更新出来ないでいます。

 

仕事の休憩でモンストを手伝って

貰うってくらいしかイベントがない状態。

寂しい。

 

自分の気持ちの方は、やっぱり落ち着かない。

大好きだし、付き合いたいし、

夢を見続けている状態です。

最近、話してると、考え方似てますね、とか

何時間でも話してられるタイプですよ〜とか、

嬉しいことを言ってくれるからまた惚れ直してしまう訳です。

 

M君、彼女とほぼ終わってるらしく

別れようかな、と、最近はその相談ばかり。

H君とは女の話はしないみたいだから

俺に凄い相談してくれる。

自分としては今の彼女と付き合って

くれてたほうがM君が合コン行ったり、

ふらふらと色々な出会いをしないから

嬉しいんだけど。

そろそろ限界みたい。

 

しかし最近M君が就活セミナーでオッサンと

知り合った、という話を聞いて、色々と

ハラハラしてる。

 

就活セミナーでM君にだけピンポイントで

声を掛けてきたらしく、

LINE交換して、今度焼肉に連れて行って

貰えるらしい。

M君が可愛いからナンパしてきたんだこいつ。

 

凄い嫉妬した。

ゲイ的な怪しさ満点だし、M君と知り合った

その日にLINE交換して、焼肉の約束とか、

物凄く腹立たしい。

 

怪しくない?ケツ狙われてるかもよ?

と、M君にゲイ的な注意喚起をしたけど

M君「えーそれは考えてなかったっすね〜。人を見る目あるんで大丈夫っすよ〜優しいオッサンでした。」と

全然疑いを持ってない様子。

まず俺の事を見誤ってウチに泊まりに来たり

してるし、抜けがあるよ、その見る目。

しかしそんな話は出来ない。

 

親友のH君に別の機会にこの話をしたら、

H君は宗教勧誘かも、と疑っていた。

就活セミナーで似たような話を

よく聞くらしい。

自分はゲイって線しか考えてなかったなー。

M君が襲われないように、これからも

こまめに注意喚起しなきゃ。

H君にもお願いした。

 

最近、M君とプライベートで絡めないから

何か策はないかと考えていたところ、

焼肉食べたい焼肉食べたいとM君が

最近騒いでるので、夜勤仕事終わりで

焼肉に行きたいな、と考えて居たんだけど、

朝からやってる焼肉屋さんなんてないのです。

 

そこで、ウチにはザイグルという

無煙赤外線焼肉ロースターがある事を

思い出した。

 

朝ウチで焼肉やるって事でM君と

プライベートの絡みが出来るじゃん、と

気付いたので、提案してみた。

M君は乗り気、H君もやりたい、と

賛成してくれた。

 

来月にも企画しなきゃ。

あれ、

自分、就活セミナーのオッサンと

同じ手法じゃん。

 

20.落ち着いた。

最近、ちょっと気持ちが落ち着いてきた

気がする。

 

長く会わない時期があったからだろうか。

家で一日中考える、とかは無くなった。

 

特にM君とイベントがあるわけでもなく、

淡々と定期的に職場で会うくらいだから

いきなりまた気持ちがおかしくなることは

ないかもしれない。

 

好きは好きなんだけど、どこか、諦めが

ついたような気がする。

人間って不思議なもんだ。

 

今日は仕事終わりに久しぶりM君とご飯。

自分からだとパワハラになるし、

誘ってくれたら行こう、と思ってたら

「飯いきます??」

と、聴いてきたので即答。

 

H君も居たので、そういう流れに

なったんだろうけど。

 

例の飲み会以来、久しぶりの飯。

やっぱりM君とのゴハンは幸せに包まれる。

居酒屋チェーンに行って、締め系のゴハン系を

オーダー。

一杯だけ飲みましょ〜って流れに

なったのでレモンサワーを頼んだ。

 

M君とH君は日本酒。

やっぱりお酒好きなんだなーと思った。

でも最近は飲み過ぎて、体調やばいから

禁酒気味らしい。

 

親子丼やチキンライスをみんなで

シェアしながら食べた。

 

会社の話などを中心に盛り上がる。

最近入ってきた女子と絡みがないから、

絡んでみたい、と言うM君。

 

自分としては絡ませたくない。

何か間違って、いい感じにでもなられたら

たまったもんじゃない。

やっぱりこういう時に、まだまだ

好きなんだなーと感じてしまう。

 

M君は就活モードで、茶髪から黒髪、

コンタクトからメガネに変わって、

だいぶ印象が変わってる。

相変わらず可愛いけど。

 

また、10日以上会えないタイミングが

あるんだけど、前と違って、今回は

耐えられそうな気がする。

 

 でも、何かひとつあれば

また、前みたいになってしまいそう。

 

 

 

19.途切れてしまった。

久しぶりに、半月ぶりに、M君に会えた。

こんなに長く感じた半月は無かったかも。

 

M君は相変わらず可愛いかった。

髪が結構伸びてた。

 

いつも通りの高めのテンション、

彼の爽やかな笑顔で、

地に落ちていた自分のテンションは

かなり引き上がった。

 

昨日はH君も居たので、多少M君との絡みは

うすかったけど、リハビリには

ちょうど良かったかな。

 

一緒に朝まで飲んで、ウチに泊まった後から

半月というブランク。

異常に高まっていた自分の気持ちは

自然と落ちついていたかもしれない。

 

あのままだったら、推し量れず、

間違えた距離感で接していたかもしれない。

このブランクは自分にとって良い薬

だったんじゃないかな、と思う。

 

次に会える日も決まった。

4月の中頃までは定期的に職場で会える。

今はこれ以上は望まない。

せっかく少し落ち着いた気持ちを

キープしていかなければ。

 

残念なのはLINEが途切れたこと。

M君的には職場で会うから、って事で

返事しなかったんだろうけど。

 

意味不明に毎日続いていたLINE交換も

幕を閉じました。

 

仕事終わりで、朝、飯に誘うか

少し迷ったけど毎回自分が誘うのは

パワハラみたいになってしまうだろうな、

と思って誘わなかった。

 

帰り際、M君、なんか言いたそうにしてる

ように見えた。

ゴハン行かないのかな?って

空気にも感じたけど、誘うのは辞めておいた。

 

正常化バイアスが働いてるのか、

だんだんとM君との関係が、元の

落ち着いた関係に戻りつつある。

 

しかし、また、小規模な飲み会の

企画が持ち上がっいる。

 

また、M君と朝まで飲みたい。

また、ウチに来て欲しい。

 

わずかな楽しみが出来た。

 

18.半月は長い

人と人の出逢いは偶然だ。

別れもそうだろう。

 

M君がバイトを辞めたら、

どうなってしまうんだろう。

彼の方から会いましょう、

なんて、絶対言ってこないし、

自分から会おうってのも、半年に一回とか

なら有り得るかもしれないけど、

例えば毎週のように連絡とって、なんて事が

あるはずがない。

ましてや就職やら進学で都内を出てしまえば、

会う事はほぼ不可能だ。

 

近い未来にM君の存在しない毎日が

待っている。

それはM君に出逢うまでは当たり前の毎日

だったはずなんだけど。

 

年も近ければ友人として、先々絡んで

いけたかもしれない。

ましてやノンケとゲイ。

高すぎる壁が自分とM君を隔てている。

 

彼が今の会社にバイト応募してこなければ

絶対に人生で絡むことのなかった存在。

会社のバイト君、という認識と感情を

越えてはいけないのに、越えてしまった。

 

例えば彼が最寄りのコンビニの店員さんで、

自分と出逢っていたとしたら、どうだろう。

もっと苦しんだろうか。

関係が薄い分、当たってくだけろの

爆死をしていただろうか。

 

いやそもそも絡みが少なければ好きに

なったりしなかった。

 

研修という名目で、毎晩のように

2人で話をしていた結果がコレだ。

人と人は、やっぱり話をしなきゃ

距離も近づかない。

 

この先、どれだけM君に会えるだろう。

もうほとんど会えないかも知れない。

 

辞めた後は、永遠の別れが待っている。

それを避けることはできない。

自分の気持ちが落ち着くのを

待つしかない。

気持ちをコントロールしなければならない。 

 

でも、あと数日で、会える。

半月、待った。

 

この半月、毎日LINEの交換をしていた。

LINEしてなかったら気持ちが持たなかった

と思う。

LINE嫌いのM君がよく毎日返事をくれたもんだ。

 

 

この先はどうなるんだろう?

またその次はいつ会える?

 

早く気持ちの整理をしなければ。

 

 

17.心折れそう。

我慢が出来ない。

LINE送らないようにしなきゃ、と

思っているのに、送ってしまう。

 

先日はM君の彼女の誕生日だったみたい

だから、絶対邪魔しちゃいかん!と

思ってたのに、ふと、LINEを送ってしまった。

 

内容は大した事ではない、モンストの

ちょっとした話。

 

時間は開くけど、ちゃんと丁寧に返事が

くる。

めんどうな会社の人からのLINEなんて

既読スルーか無視すれば良いのに。

 

まあ彼にしてみれば無視出来ないか。

分かってるのに送ってしまった。

 

ここ数日、ずっとLINEを送りあっている。

止めたくない。

彼はどういう気持ちなんだろう。

 

なんで毎日LINEしてくるんだ?って

思ってるだろうか。

向こうからすれば、ただのバイト先の

上司のおっさんな訳で、

同い年の女子ならともかく、

これはとても変なことだと思う。

 

しかし、あまりに会えないので、LINEで

繋がりを認識したいのです。

何も絡みがなく何日もなんて、辛すぎる。

 

最近、妄想がとどまる事を知らない。

M君が彼氏だったら、とか考えて、

長い時間が経過する事がある。

 

それだけではない、

ゴハン食べてても、映画観てても、

ゲームしてても、M君と一緒ならどんなに

幸せだろう、と、いつも考えてしまう。

これのせいで、今までに比べて

普段の生活がマイナスに感じてしまう。

何もする気が起きない。

どこかに行こう、ともあまり思わなく

なってきた。

恋煩いってやつかな。

 

新しく、ゲイの人と恋愛しなきゃ

何も変わらない気がする。

 でもそういう行動にうつるエネルギーが

ない。

M君のことを考えてしまって、

他に興味がいかない。

 

街を歩いてても、M君より可愛い人を

見かけない。

 

早く会いたい。

早く会いたい。

早く会いたい。

早く会いたい。

 

西野カナが言ってたことが分かってきた。

会いたくて会いたくて震える。

 

顔がみたい。

彼の笑顔をみたい。

 

バイオハザードのゾンビの日記みたいに、

日々症状が進行してる気がする、このブログ。

 

はやく、、たす、、け、、て、

かゆ、、うま、、

 

 

 

 

 

 

16.思っている事を書く

M君に半月も会えない。

寂し過ぎる。

 

こないだ、2日で3回も飯行ったり、

泊まりに来たり、

極端に絡みが多かったせいもあり、

喪失感がハンパない。

 

これ、もし彼がバイトを辞めてしまったら

どうなってしまうんだろう。

 

早く仕事以外でも会ったり、遊んだり

出来る関係になりたい。

 

今はパワハラみたいになっちゃうから

自分から連絡したりはしない。

彼は優しいから、飲み行こうよ!とか自分が

連絡したら、断れないかもしれない。

だからそういうのは、今は出来ない。

むしろ、彼が会社を離れたら、

そういうことはしやすくなるかもしれない。

 

M君から連絡が来たら最高なんだけど、

来るわけないよな。

彼女も友達も居て、しかも1人で過ごすのが

好きで連絡無精なM君。

 

自分に連絡なんてしてくるはずないんだよな。

 

人と仲良くなるって難しいよね。

色んな話をして、色んな経験を積んでも

距離のある人は距離がある。

 

M君から大きな壁を感じるんだよね。

恋愛的な関係に、じゃなくて、人として。

自分のマイナス思考、劣等感、のせいかも

しれないけど。

ゲイの世界と違って、友達っても、年齢差は

大きな壁になってしまうよ。

 

昨日は家に泊まりに来て以来、

会社でH君に会った。

 

H君は飲み会の次の日に女性と初デート

だったので、どんな感じだったか聞いてみた。

 

「全然うまくいかなかったです」って。

 

ランチ→映画→居酒屋ってプランを

考えていたらしいんだけど、

ランチ→喫茶店、でおしまいになったらしい。

 

喫茶店で「帰ろうか」みたいな話に

なってしまったらしい。

 

しばらく彼女とは距離を置きたいって。

次回のデートを誘ったら

「またしばらくしてから」と断られたらしい。

 

ノンケの恋愛も大変だな。

 

代わりと言ってはなんだけど、

M君がH君を友達として凄く好きみたいだ、

って話をして、慰めてあげた。

結局自分はM君の話題にしたいだけなのか?

 

H君が、「M君は○○(自分)さんの事、凄く好意的に感じてますよ。よく話てくれます」

って言ってくれた。

逆に自分が慰められた気がした。

 

ゲイっぽいよな、あのおっさん、とか

2人で言っててもおかしくないんだよな、

本当は。

これ以上距離を詰めるのは危ない気がする。

 

飲み会の次の日、

M君はH君の家に来たらしい。

朝までモンストしてたって。

 

物凄く羨ましかった。

自分の家にもふらっと来て欲しい。

朝までモンストやってたい。

 

最近やたらモンストするようになった。

モンストをしてると、M君の存在を

感じられる。

会った時に話題にもなる。

またマルチして、遊びたいな。

 

飲み会の日に、

ロッテリアの前で待ち合わせをしたんだけど、

M君が横断歩道を走って来る姿が

頭から離れない。

ああいうなんでもない待ち合わせのシーンが

自分にとって最高の瞬間だったんだよな。

厨二病みたいだわ。なんか。

 

今までの人生で、あまり人に自分の

恋愛について話したり、相談したり

して来なかった自分ですが、

それはやっぱり恥ずかしかったり、

うまくいかなかった時に辛いから、とか

そういう部分で閉鎖的だったんだと思う。

 

ブログを書いてると、そういう後ろ向きな

感情が薄くなって、素直な気持ちを出せる。

しかも感情を文章にしてると、心が楽になる。

 

昔から、グチとか思ってることは

紙に書くと良い、って聞いた事があったけど、

本当にそうなんだな、と思った。

 

想いってのはとても大切な事なんだと思う。

想ってるだけじゃなくて、ちょっとずつでも

行動に変換していかないとダメなんだろうな。

 

実際にM君との事って、自分にとっては

とても不思議なんです。

半年前に、ここまで仲良くなれてるなんて

思ってもなかった訳ですから。

 

何か悩んでる人は、ブログじゃなくても、

思ってる事を全て書き出してみると、

少し楽になるかもしれないですよ。

 

15.お泊まり②

会社の後輩とはいえ、ノンケを家に入れる

なんて、自分の人生の中でほぼあり得ない。

ゲイが分かってしまうようなところが無いかを

しっかり確認しておかないと、大変だ。

 

2人を最寄りのコンビニに待たせて、

あらゆる場所を確認した。

多分大丈夫かな、、って事で2人を

呼びに行く。

 

「お邪魔しまーす」って感じで

2人が入ってきた。

M君が家に来た。

形はどうあれ、M君が家に来た。

 

とりあえず2人をソファーに促す。

 

飲み会の感想なんかを語りながら、

過ごしてると、全員酒が回ってるせいか

すぐに眠くなって、寝よう、という

流れになった。

 

ソファーはソファーベッドにトランスフォーム出来るタイプなので、実質2人が寝床を

確保出来る訳で、

自分としては、M君と自分がベッド、

H君がソファーベッド、このパターンが

良かったんだけど、その流れを

生み出すのは不可能だった。

 

しかも、隣にM君が寝てたりしたら、

確実に何かしてしまう気がしたので。

 

という事で、安全コースで、

M君とH君をベッドに、と思ったら、

「自分達はソファーで寝ますから」って

事を言って、2人がソファーベッドで

寝る事になった。

 

しかし、M君が体を曲げてソファーベッドの

真ん中で寝始めたのでH君の場所が無くなって、H君が床で寝る事になった。

 

M君のそういうヤンチャな感じがまた可愛い。

 

時折、ソファーに顔を押し付けながら、

足をパタパタさせてたり、

本当に癒された。

 

2時間ほど寝て、

6時くらいになったところで、

「そろそろ始発が、、」と言いだすH君。

H君、お昼から予定があったみたいで、

一旦帰宅したかったらしい。

 

しかしM君が起きられない。

「体動かないよ〜、あと1時間〜」って感じで

全く起きられないM君。

そんな流れが何度も続いて、

昼過ぎになって、ようやく動きだした

M君。

「このままずっと寝てたいよ〜」って

言いながら、立ち上がるたび、ソファーに

倒れ込んでいた。

 

M君にずっと居て欲しかった。

今日から半月くらい会えない。

それを考えると寂しくなってきたので、

思わず「ずっと寝てていいよ?」と

言ってしまった。

 

「本当そうしたいっすよー」って言うM君。

 

H君が先に帰って、M君が寝てる、という

シチュエーションも体験したかった。

 

M君は「そろそろ動けますよ」と、

ようやく動きだしたので、2人は一緒に

帰る事に。

 

とりあえず事故がおこらなくてよかった。

M君の寝てる姿が可愛い過ぎて、

H君が居なかったら多分本当にやばかった。

 

自分としては、これで実績が出来たのだから、

たまに泊まりに来て欲しい。

池袋で飲んで終電逃した時にでも

連絡して欲しい。

 

このブログに書いた願望、全部

叶ってるんだよね。

だから次は、M君に1人で家に来て欲しい。

また泊まりに来て欲しい。

 

しかしここ最近のM君充がやばい。

2日で3回も一緒にご飯行ってる。

 

最近気付いたんだけど、M君は

ゴハン食べる時、大きな声で

「いただきます!」って手を合わせる。

食べ終わった時も「ごちそうさま!」って。

 

飲み会のおつまみを食べる時も言ってたので

周りのみんなに、礼儀正しいね、って

茶化されてた。

そういう部分もなんかヤンチャさを感じる

し、凄く好きなところ。

 

一緒に何度もゴハンに行ったり、

プライベートなLINEをやりとりしたり、

休みの日に待ち合わせして会ったり、

親友の子と、仲良くなったり、

あげく、家に泊まりに来たり、、

 

恋愛感情が出始めて以降、

自分が積極的になっているのか、

何だかどんどんと、距離を縮めているな、

と感じている。

可愛いな、と思った会社のアルバイトの

大学生と、自分がここまで距離を縮められる

なんて思ってもなかった。

 

相手に恋愛感情は

100パーセント無い事は間違いないけど、

人としては好きでいてくれてるな、って

実感はある。

 

この先どうなるかわからないけど、

もっともっと仲良くなりたい。

 

 

何でも話をして欲しい。

いつでも一緒にゴハンしたい。

 

M君の居ない日常なんて、

もう考えられない。