漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

34.リアルおっさんずラブ。

完全に幕を閉じたこのブログでしたが、

現実世界ではまだまだ何も終わっていません。

 

タイトルのドラマは観たことありませんが、

これこそ、おっさんずラブでしょう。

 

久しぶりにアクセスログなんかを見てみると未だに月間プレビューが100を超えてたりして、はてなブログから訪問してくれる人とかがいるんだなーと。

 

そんな矢先、あるテレビ番組で戦時中

恋物語を観たんだけど、その中で、

戦地に行った男と日本に残った女が

唯一の通信手段として、手紙の文通を

してた、というのを観た。

 

その内容が何か良かったんだよね。

 

LINEとかメールが主流の現代では

ひとつひとつのやり取りにそんなに

重みが無いじゃないですか。

 

「きっとあなたは今この空に浮かぶ星を

見て過ごしているでしょう。私は同じ星にあなたへの想いを語っています」みたいな、

歌詞みたいな、ポエムみたいな、

そんなやり取りをしてるんだよ。

 

数ヶ月に一回しかやり取り出来ない、

そんな関係の中で、相手の事を真剣に

考えながら文章を考える。

そういう行動って凄いなと思った。

 

昔、会社に居た女で、若いバイトの男子と浮気してる人が居たんだけど、

男が飽きてその女を振った後に、その女から、人の身長くらいの長さのLINEの文章が何通も

来たって話を聞いてメンヘラ怖いわーって

思ってたけど、よくよく考えてみると

自分もM君を想ってこの場にどれだけの

文章を書いたんだろう。

それでもまだまだ書き足りないくらいだ。

 

って事で、まだまだ想いを吐き出したいと

思います。第2章的に再開です。

 

最近のM君、バイトは辞めては無いんだけど、

学校の都合で、とても遠くに引っ越してしまいました。

月に一回会社に来るか来ないか、という程度で、幽霊バイトって感じです。

自分がとりあえず席は残しておけば、って

話を聴いてくれて、残ってはくれたけど、

現実的にはほとんど会社には来ないです。

なので一時期のように週に何回も合ったり、

ご飯に行ったり、って事はできなくなりました。

 

ただ、それまでに何とか作った関係のおかげで

プライベートで会うことは出来ています。

とはいっても基本的には遠方だから

今のところは月に一回くらいです。

たまにLINEもしています。

同じ星を観ていますか、とか、そんなのは

出来ないけど。

 

こないだは彼が一人暮らしを始めた家に

招待されたので遊びに行きました。

M君の友人でバイトのH君も一緒でしたが。

 

ツイッターには書きましたが、あのお土産を

持って、M君の部屋に到着した時は

幸せな気分でした。まさか、M君の部屋に

入る日が来るなんて、という気分でしたね。

段階的に望みが叶ってしまっているのは

相変わらずなので、いつか、付き合えたり

するんでしょうかね!?(それだけはない)

 

大好きな人の部屋ってのはたまらないですね。

家具や家電ですら愛おしい。

それまで想像するしかなかったM君の

日常を目の当たりにした訳ですから。

 

自分はベッドに座る感じで過ごしてました。

M君はスマホいじりながらベッドをコロコロ

寝返りうってて、自分の真横にM君の

顔が来たりして、ドキドキしたり、

中学生の恋愛のような気持ちでしたね。

 

M君の住んでるエリアは自然に囲まれていて、

イノシシでも現れるんじゃないか、という

雰囲気。実際にタヌキとか出るらしいですが。

ここに住んでるタヌキがちょっと羨ましい。

 

こんな場所でもしM君と一緒に過ごせたら

最高だろうなー、としみじみ感じてました。

 

M君と出会った頃に夢の中で出て来た

M君の部屋は、どこかの屋根裏部屋で、

全然現実とは違っていたなー。

まあでも、夢みた事が現実になってくれるなら

多少の違いはかまいません。

 

ではまた。

 

33.あとがき

新年明けましておめでとうございます。

 

去年はM君に費やした一年でした。

すっかりゲイ活動をしなくなり、

生活スタイルが激変しております。

 

M君のことだけが理由ではないんですけど。

年齢を重ねると色々な事がありまして。

体のこと、経済的なこと、実家のこと、

まあ様々な要因が生活スタイルの変化の

原因だと思います。

20代くらいまでは何にも考えてなかったので、

そのツケがまわってきたかな、という感じですね。

 

精神的な面でもかなり起伏のある時期を過ごし、やや不安定になっている時も

ありました。

会社の人に心配をかける

事もありました。

そんな中、M君の優しさに触れ、

持ち直した事もありました。

 

そう、M君との関係ですが、

基本的には何にも進展はありません。

 

彼の進学に際し、

今後は疎遠になっていくんだろうな、

ということだけが現実です。

 

最近では何度も食事に行き、何度もウチに来てくれて一緒にお酒を飲んだり、

俺にしか言えない相談事がある、って

一晩中悩みを打ち明けてくれたり、

旅行に行ったら俺にだけ特別なお土産を買ってきてくれたり、M君からカラオケに誘ってくれたり、もう会社のバイト君と上司って関係は

超えているのかな、という状態です。

 

ある時、M君に、話の流れで

将来、僕の子供を抱いてください、

って話をされました。

ゲイの自分にとって、ノンケに恋した

人間にとって、この言葉がどれだけ

心に響いたか。

 

その頃からなんとなく自分の気持ちが

落ち着いてきた、というか変わってきました。

 

今では休日に誘ってご飯に行ける

関係にもなれました。

 

当初、このブログで願っていた関係に

なれました。

 

もともと付き合いたいとか、

そんな非現実的な事は考えていなかったし、

考えられる1番理想的な関係にはなれたのかな、という気持ちです。

 

というわけで、最近はかなり気持ちも

落ちついてきました。

閉ざされた愛に向かい叫び続けるのは

もうやめました。

 

人と人の関係って色々な形があるわけで、

M君とは今の関係が最高なんだろうな、と

思っています。

これからも事あるごとに色々な気持ちになるんだろうけど、

その度にこのブログを自分で見直して

前向きに生きていきたいですね。

 

一応M君とのブログはこれにておしまいに

しようかなと思います。

長らくご愛読いただいた方、

ありがとうございました。

 

最後に

以前にも引用しましたが

 

恋ってステキな事ね  偶然出会ったアナタが

1番大事な人に変わる

 

という広瀬香美の言葉で締めます。

さようなら。

 

 

32.途切らせたくねー。

ひとしきりM君とのイベントが終わった。

9月は本当にM君充が凄すぎて、

感覚がおかしくなってました。

 

毎日一緒に居られる日が4日続いたり、

ステーキデートではソフトクリームを

あーんされたり、

後から思い出しても幸せになるような

素晴らしい時間を過ごせました。

 

10月は、会社で会えるタイミングが

かなり減ってしまった。

彼の予定もあって、なかなか仕事も

かぶらないし、何しろ、プライベートでの

予定がない。

 

昨日を境にしばらく会えなくなる事が

わかっていたので、

イベントの企画を立てまくった。

全部で3本。

 

ひとつはまたウチでゲーム会。

焼肉ではなくて、すき焼きを食べよう、

という計画。

これはすんなり決まって、土曜日を

開けてくれた。

前回は15時間近くウチに居てくれて、

シャワーも浴びて、居心地がいい、と

すごく気を許してくれてる感じだった。

もっともっとくつろいで欲しい。

たまに泊まりに来てくれないかなあ。

 

もう一つのイベントは、H君の寮に

俺が遊びに行くという、

ちょっと考えられないようなイベント。

 

H君は大学の学生寮に住んでるんだけど、

学校の近くってこともあって、

しょっちゅうM君がそこに泊まりに行ってる

らしく、そこに前から誘われてたもんだから、

今月のイベントとしてブチ混んだ!

 

年齢が倍くらい違う会社の上司が

バイトの学生の寮に遊びに行くって

かなりあり得ない気がするんだけど、

2人とも、来て来て言ってくれるし、

M君に関しては泊まってください、って

言ってくれるし、ノッてしまいました。

 

聞いてる話だと、M君はそこにお泊まり用に

布団を一式買い込んで置いているらしいんだけど、俺が泊まるとなると、どこで寝る感じになるんだろう、、。

まさかM君と同じ布団で添い寝出来るんじゃ

ないだろうか。

期待と不安がよぎる、最大のイベントです。

とりあえずこのイベントをこなしておけば、

M君が独り暮らしを始める来年、

H君と一緒に遊びに行きやすくなる訳です。

彼の家にお泊まり出来たらもう最高でしょう。

 

もう一つはカラオケデート。

これは日程が決まらなかったから

今度会った時に決める感じになった。

 

しかし大学生のノンケの男子が

こんなオッサンと月に何回も会ってくれて

良いのだろうか。

同い年の友達もたくさん居るみたいだし、

なにより彼女が居るのに。

 

彼は本当に自分を信頼して、遊んだり、

楽しい時間を共有してくれる。

自分にとって本当に大事な存在。

友達以上になりたい、

今後の人生、ずっと一緒に入れたらなあ。

 

 

31.終末の日に。

久しぶりの自宅での焼肉会をやった。

参加者はM君と、H君。

 

夜勤仕事終わりで3人で買い物して、

午前中から開始。

3カ月前、ドキドキしながらM君をウチに

呼んで以来、ほんとに久しぶりの会。

 

午前中から始まって、

解散が夜中12時過ぎ。

金曜の仕事からずっと一緒だったから

トータル27時間を一緒に過ごした。

 

M君が、居心地が良いなあ、と言ってくれた。

途中仮眠タイムがあったり、

シャワー貸してください、って感じで

目の前でズボン脱ぎ出したり(!)

すっかり心を許してくれてる様子だった。

前は警戒してる空気もあったような

印象だったけど。

 

大好きな彼とこんなに長い間一緒に

いれるなんて本当に幸せだった。

H君も居たので、2人きりではないけど。

 

当日は隕石が衝突して地球が滅びるなんて

ネットで話題になってたけど、

むしろM君とこんなに幸せな時間を

過ごせて、このままM君と一緒に居る時に

地球が滅びるなら是非そうなってくれ、と

割と本気で考えていたりした。

 

最近のM君充がやば過ぎて、

またどんどん彼を好きになっている。

またゲイ活動が薄くなってきてる。

 

職場の人間がM君に絡んでるのを

見るだけで軽く嫉妬してる自分が居る。

男女問わず。

また良くない方向に進んでいるな。

 

一緒に居る時間が増えて、またいろいろと

話をするようになって、

M君が自分のことを前にも増して信用、

信頼してくれてるのが感覚的に凄く

感じるようになってきた。

 

本当に可愛いくて仕方ない。

外見的にも内面的にも。

 

前回の焼肉会は、その日以降会える予定も

なく、会社にもしばらく来ないという事で

終わった後は喪失感いっぱいだったけど、

今回は違う。

また会社で定期的に会えるし、

他にもいろいろ約束をしてるので、

またゴハンとかに行ける。

 

冬にはまた鍋パーティーをしよう、って事で

解散した。

 

世間では終末の日と予想されていた日は、

自分にとって最高の日となった。

 

30.ノンケの未来

最近は週に何度もM君に会えて幸せが

ずっと続いてる。

会社に来る日はぴったり自分に合わせて

くれるので基本的に一緒に居られる。

夏の憂鬱を取り戻すかのような毎日だ。

 

話をするタイミングも増えて、

根深い話も聴けるようになった。

人とこんなに深く話をするのが久しぶりだ。

 

っていうか、滅多に話題にならないような

人間性の根幹についての話をする。

生い立ち、育ってきた家庭環境、自分の

性格など、、、。

日を追うごとにM君という人間の深い部分を

知ることが出来る。

彼も遠慮しながら色々と質問をしてくれる。

 

人と人って、表向きな部分でしか

接しない事がほとんど。

友人でも会社の同僚でも。

そんな中、お互いにいろいろと話をしながら

相手を理解し合う。こんな状況がなんだか嬉しい。

 

人を好きになるって事は、その人に好意と興味

が出てくるという事で、こういうコミュニケーションを重ねる事で、お互いに更に相手に

好意を持つようになるのではないか。

もっともM君は自分に恋愛感情はないだろうけど。

人間的にこんなにノンケと触れ合った経験はないかもしれない。

 

彼には10歳ほど歳の離れた兄貴がいる。

彼は兄貴を尊敬している。

親よりも兄貴に世話になって育ってきた

らしく、そんな兄貴のアドバイスを受けながら

今後の進路や人生を考えているみたいだ。

 

M君はわたしのことを、時折、兄貴みたい、

と表現してくれる。

考え方とかが、似ているところがあるらしい。

おそらく兄貴は血の繋がりによる愛情を、

わたしは恋愛的な愛情をめいっぱい注いでいるから、同じように受け取る瞬間があるのではないか。

 

M君には結婚願望がある。

子供が欲しいんだそうな。

彼には早く幸せになって欲しい。

 

自分はM君を好きなのに、そんな簡単に

結婚して欲しいなんて思えるのか?

 

恋愛観は人それぞれ、

自分は好きになった人に幸せになって

欲しい。

もちろん独占欲的な感情もある。

だからたまに会いたいし、

嫉妬もする。

でも最終的なゴールは相手の幸せ、と

考えているので彼が結婚して子供を作って、

幸せな家庭を築くならそれが自分の願いでもある。

 

ゲイ同士の恋愛においても、自分は

好きになった相手の幸せを考えていた。

でもやっぱり自分の欲求も出てくる。

それが満たされなければ相手に愛情を

注ぎきれない。

その辺りが自分の恋愛の未熟な部分だと思う。

 

条件や制限のついた愛情では相手を

愛しきれない。

親が子供に注ぐ愛情にそういう枷はない。

そのくらいじゃないと相手には伝わらない。

自分の独占欲や欲求を満たすために

相手を愛しても続かないだろうなと思う。

 

ノンケに対しては、相手の愛情を求めない分、

そういう無償の愛を注ぎこめる。

M君が最近自分に優しく、凄く好意的に

接してくれるのは、そういった愛情を

感じてくれてるから、かもしれない。

 

M君との叶わない恋愛においても

成長は出来るのだ。

思えば飽き性な自分がブログを半年以上

続けられている。

これもひとつの成長だな、と思う。

29.もしかして。

昨日は2カ月ぶりにM君とデート。

違うんだけど勝手にそう思ってるのです。

ゲイの人とリアルしてごはんしてカラオケ

行ったらデートって言うし、

コッチの感覚的にはデートでした。

とりあえず。

 

試験お疲れ様、ってのと、

宝クジ当たったらごはんおごるよ、って

約束をしてたもんだから、

良いタイミングで実現した二人きりのデート。

 

まずはステーキ食べ放題のお店に行った。

前回のデートで焼き鳥屋さんに行く

道すがら、M君に紹介してたお店だった。

今度ここに行こうね、って感じで。

 

彼は美味しい美味しいと喜んで沢山

食べてくれた。子供のようにはしゃいでて

とても可愛かった。

彼は彼が頼んだメニューとか、飲み物を

毎回必ず一口どうぞ、って感じで

渡してくれる。

間接キスみたいなのを気にしないあたり、

やっぱりノンケだなあー。と感じた。

自分はそんな事ばかり気にしてたわ。

ソフトクリーム一口食べて、さっと俺に

渡してくれるM君。

もう完全にデートみたいやん、と思って

テンションあがりまくりでした。

20歳近く離れたオッサン相手にこんな

感じで接してくれる可愛い可愛い後輩君。

 

んで、そのままカラオケへ。

本当は家とかホテルとか行きたい気分だけど、

不可能なのでカラオケへ。

幸せな時間はあっと言う間だった。

 

今回も歌のレッスン的な空気で2時間ほど。

少しづつ上達してて、嬉しくなってくる。

 M君の良いところは、SNSやらLINEやら、

ほとんどやらないからコチラが歌ってる時も

スマホとかいじらないで真剣に聴いてくれる。

カラオケのデンモクの使い方もあまり

分かってなくて曲入れたり探したりも

慣れてない。

こちらとしても凄く新鮮なカラオケ相手。

 

最近は毎日M君に会えている。

今週は4日連続で密着だ。

3カ月待って良かった、待った甲斐があった。

 

来週以降、またウチで焼き肉会も決まった。

こちらはM君の親友のH君も来るけど。

 

で、そのH君なんだけど、最近

よく分からない。

もしかしたらM君のことを好きなんじゃ

ないか、と思うことが多々ある。

 

M君が彼女とデートしてる話とかをすると、

聴きたくない、とか、聴いてられない、

みたいな発言をするんだよね。

 

本人曰く、自分に彼女が居ないのに、

M君だけそういう事をしている事について

嫉妬したり、ずるいと感じるから、

らしいんだけど。

M君のことが好きだとしても、成立する

反応なんだよな。

思えば大学ずっと一緒で、しょっちゅう

泊まりに行ったりする関係で、

恋心持ってても不思議じゃないんだよなー。

多分友情なんだうけど、邪推してしまう。

 

そんなH君にゲイツイートの通知を

見られた訳で、彼がゲイならもうおしまい

なんだけどね。

 

後、半年くらい、こんなペースでM君に

会えてしまう。

嬉しいような、不安なような。

何かあれば、自分も嫉妬の悪魔に

引きずられてしまいそう。

 

3カ月の間、ゲイ活動が薄くなり過ぎて

いたから、じわじわ活動的に動きつつ

あったのに、また閉じこもりそう。

 

昔ブログで、書いたような、

プライベートで、休みの日に2人きりで

M君と遊べる関係性になれたのに、

これ以上望んではいけないのに。

一体何を望んでるんだろう。

また訳が、分からなくなってきた。

 

28.3カ月。

やっと、やっと。

何かをこんなに待ったのはいつ以来だろう?

 

M君の試験がようやく終わった。

就職活動も並行してたけど、学校が

受かったので院に進学するみたい。

 

昨日久しぶりに職場でM君に会えた。

最初は違う日にシフトインしてたけど、

自分が居る日に合わせてくれた。

 

かなり長い間話せなかった分、沢山

話をした。職場で会うのは約3カ月ぶり。

カラオケとか行ってからは2カ月。

試験中だからLINEも控えてたから、

本当に久しぶりの絡みだった。

 

会えない期間に自分の気持ちはおさまると

思っていた。でも全然逆だった。

会ってない時間、ずっとM君のことばかり

考えていた。本当にすごいエネルギーだと

思う。

 

彼は、今よりずっと遠くの大学院に行ってしまう。東京ではあるけど。

でも、たまにコッチ来るから遊びましょう。って言ってくれたし、

初めて一人暮らしするんで、

家に遊びに来てください、って言ってくれた。

こんなオッサンが行って良いのだろうか。

行って良いのなら本当に行きたい。

M君の部屋、見てみたい。

泊まってみたいよ。

 

今のバイトも月に何回かは続けようと

考えているらしいので、とりあえず

離れ離れは回避出来た。

地方の大学院進学の可能性もあったから、

かなり良い着地点だったな、と思う。

何年かは一緒に?居られる。

 

早速、飯とかカラオケに行く日程が決まり、

第2回のウチでやる焼肉会の日程も決まった。

9月最高かよ。

6.7.8月と沈んでたけど、M君充が半端ない。

毎日会える。職場で、プライベートで。

 

彼は本当に自分と遊びたがってくれてる。

お世話とか、合わせてるだけではなく、

本心で自分と一緒に居てくれる。

本当に仲良くなれたなあ、と思った。

 

恋愛的な関係には絶対なれないけど、

友人として、彼の人生を見守り続けることが

出来ればこんな幸せな事はないかもしれない。

今の彼女とも上手くいってるみたいで、

就職まで付き合ってたら結婚も考えてる

らしい。

真面目な彼らしい考え方だな。

 

彼を見守っていたい。

離れるのは無理だ。

3カ月考えて、わかった事。