読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁師もつれ

30代ゲイの想いのハケ口です。エンタングルメント。

08.お酒の席は怖い①

今月、大学生アルバイトO君の送別会がある。

それに先立って、夜勤仕事終わりで

数名でプレ送別会をしよう、という話に

なっていた。

 

メンバーは自分、O君とM君。

3人で朝から酒を飲もうって話だ。

 

O君は、数年、夜勤アルバイトをやってる

大学生で、M君が入ってくるまでは

自分が1番仲良く話をしていた子だ。

しかしM君が入ってからは、O君がいても

自分とM君が隣同士に席を取るように

なっていた。

O君は典型的なノンケキャラ。

会社に女性が入ると、やりたい、やりたくない、とかすぐ言い出すタイプ。

 

それで実際に関係を持ったり、風俗だのピンサロだの、ウルサイやつ。

ゲイの自分にとってはなかなか会話に

苦慮する時も多かったけど、

O君は話やすく、なかなか楽しいやつなので

割と仲良く話をしていた。

何故かゲイネタも良く話していたぐらいだ。

 

O君とM君は基本的に絡みがない。

M君がシフトインしてる時は自分がM君を独り占めしてるし、自分の居ない時にM君はシフトに入らないからO君とM君が仲良くなるきっかけがなかった。

 

そんなO君と、ごはんや飲みに行くのは初めて。そもそもこんなに長く一緒に働いてるO君より先にM君と蕎麦食いに行ってる時点で、

勘の良い人にはばれそう。

 

ともかく、朝から3人で飲みに行くことになった。M君はこの飲み会の為にシフト調整までしてくれて、飲む気マンマンだった。

O君も朝から酒を飲むってのでテンションが上がり切っていた。

自分も、もちろんO君とお酒を飲みたかったのもあるし、M君とお酒を飲むなんて最高に幸せなイベントだし、楽しみでしょうがなかった。

 

朝9時30にお店に入って、店を出たのは

昼の2時ぐらいだった。

10杯くらい飲んだかな、かなり酒は回ったけど、終始冷静だった。

横にM君が座ってて、ずっと萌えてた。

O君に女のネタでいじられまくる

M君が可愛くて可愛くて、ずっとニヤニヤしてたかもしれない。

 

しかし最後の方でちょっと困った展開が発生。

O君が、飲み終わりでハッテン映画館に3人で行こう、と言い出した。

池袋にハッテン映画館があって、昔ながらのピンク映画が流れてる場所なんだけど、

そこにはゲイが集まってて、入ってきたノンケを襲ったり、金銭交渉の末にヌイたりする場所らしい。

 

自分がよくO君にそういう場所があるらしい、という話をしていたせいか、彼が酔っぱらってるせいか、突然こんな訳のわからない事を言い出したのだ。

 

何しに行くんだよ、と突っ込んだら、

「社会見学ですよ!」と言う始末。

そういう場所は社会とは無縁の場所だから

見学で行くような場所ではない。

 

挙句の果てに

M君を連れて行って、M君が男に襲われるのを

2人で観ましょうよ、と、言い出した。

「お前は俺か!」とツッコミたくなるような

欲求だ。

そんな事を自分が言ったら完全にアウトだけど、O君のキャラなら有り得る雰囲気。

羨ましいキャラだ。

 

M君は「男はやばいっす!襲われたら抵抗出来ないですから!」と、当然ながら嫌がる。

嫌がるほどにO君のテンションがあがり、

襲われたら助けてやるから、中を覗きに行こうよ!と、諦めないO君。

 

自分の中の天使と悪魔が戦うって比喩表現があるけど、自分の場合、天使も悪魔もM君のそういう姿は見てみたいので考えても意味がない。


直感的な判断で動くしかない。

立場上この話に乗っかる訳にはいかないので、

「そんな気持ち悪いところ行きたくねーわ!」

と、M君側についた。

そもそもM君が他の男にやられるの何て

嫌だし。

見たいけど、嫌だ。

 

O君、今までの飲みエピソードを聞く限り、

毎回飲む度に、何かをやらかしてる奴なので、

今回も何かひとつネタが欲しかったみたい。

 

なかなか折れないO君。

 

M君がネットで映画館を調べて

「こんなので入るだけでも1800円もかかるみたいですよ!絶対嫌ですよ!」と言う。

 

するとO君もネットで調べて反論する。

「今日映画の日だから1000円だよ!」

 

あんな場所にまで適用されるんか。

毎月1日は映画1000円の日。